ファッショントレンドと住まいと。(徒然なるままに)

 

 

(※かなり徒然なるままに書いています。結論を求めない方のみお読み進めてください。)

 

近年、アパレルやファッションのニュースを見ていると大きな2極化が進んでいることを感じます。

 

ひとつは、ジャパニーズブランドの代名詞となったユニクロやGUや海外勢H&Mを筆頭とする、ローコストファッション。

いわゆるファストファッション。

 

もうひとつは、美意識と素材を厳選したハイファッション。

オートクチュールやプレタポルテを行う俗に言うブランドものや、有名セレクトショップも大きく分けるとコッチかな。

 

どちらのベクトルも以前からあったものですが、特にファストファッションが大手ブランド化したことで顕在化して大型化した印象がありますよね。ファストファッションという言葉が浸透したことも要因かもしれません。ユニクロなんてもう国民ブランドですから、一枚も持っていないなんて人はほぼいないのではないのでは。

 

とは言え、ファストファッションについては、服を消費するスピードが早いので、環境負荷の問題や、途上国への低賃金での労働搾取など国際的な問題も併せて大きく顕在化してきています。

 

翻って、高級なブランドも大きな変化が出てきています。

多くのブランド高級オーダーメイドであるオートクチュールよりもプレタポルテ(高級既製服)を重視しつつある風潮が強くなっていて、結果として、かなり実用性を意識したモノを取り入れ始めました。

 

具体的に言うと、ゴアテックス(透湿防水素材)など、これまでアウトドアギアとして使われてた素材が多用されたり、

ルイヴィトンとナイキやアディダス等のスポーツブランドがコラボレーションしたり、もちろん超高級ブランドとアウトドアブランドのコラボレーションも多々あります。もちろん私自身、買える程の身分ではありませんが、実用性が飛躍的に上がっているのは確かでしょう。(賛否もあるようですが...)

 

 

さて、住宅はと言えば、やはり同じような現象が起こっています。

 

ローコスト住宅という言葉が一般的に使われるようになり、また、ローコスト住宅を扱う建築会社が大型化することにより、顕在化してきました。特にタマホームというローコスト(実際は違うけれど)住宅会社のCM戦略はスゴかったですよね。価格を重視した住宅の選択というのがより顕著になったのではないでしょうか。どこまで入っているのかよくわからない坪単価戦争が

激かしたのも、このあたりの理由からでしょうか。

 

翻って、オーダーメイド側というと、近年、一部の設計士や工務店を中心に快適・健康を注視した住宅家づくりが注目されるようになりました。

それまでの家の見た目や素材だけでなく、エビデンスをもとにした快適性能や耐震性能などへの高性能化は、温暖化や自然災害の影響も色濃く反映されているように思います。

また、パターンオーダー化した建築会社が増えたこともアパレルと似ています。

 

実は、どちらも似たような問題を抱えてはいますが、

服も住宅も大きな二極化の流れがあることは明らかです。

 

 

とは言っても、服と家、両者には大きな違いがあります。

 

もっとも大きな違いは、健康に直結するか否かという事。

 

これまでもブログに書いてきた通り、家の場合、冬季の室温によって、健康を損なう、更に死ぬことすらあります。

お風呂や、トイレに入ったり、服を脱がなくてはならないシーンすらあるのですから。

家は服の外側の環境そのものです。

 

加えて、家は服のように、刻々と変わる外部の状況にリアルタイムで対応できないんです。

簡単に重ね着模できなければ、薄手に着替えることもできません。

 

「家も上着着せられたらいいのに。」

そう思ってしまったときには、断熱リフォームするしかない訳です。

 

だから、対処できるレベルのモノを用意する必要が出てきてしまいます。

 

そこが大きな違い。

 

大きな流れや方向性は似ていても、やっぱり大きく別物ですね。

 

生活の基本は、衣・食・住の3つとは言え、農耕民族として定住という道を選んだ時から、「住」のウェイトが大きくなっているように思います。などとフワフワ考えてみる日。

 

衣と住と、今日は徒然なるままに。

 

 

 

 

 

hiroyuki

 

 

こたつ = ダウトっ!!

あと1か月で、新年を迎える時期に突入ですね。

 

寒さも日ごとに増してきて、冬アウターが本格的に活躍し始めました。

 

こんな時期はコタツが恋しくなる方、多いのではないでしょうか。

 

先日もSNSを見ていたら、住宅の施工例の広告が表示されていて、よく見たら、

 

コタツがドーン。ダイニングにとっても素敵なコタツが配置されていました。

 

謳い文句に「あったかい家を体感して、」・・・ダウトっ!!

 

 

コタツって、すっごく気持ちいいですよね。

 

でも、それって部屋が寒くないと、気持ちよくないんです。

 

そもそも、寒い部屋に対して、部屋を暖めるのではなく、より小さな空間をコタツ布団で気密断熱化して局所的に採暖するための器具という前提ですから、当たり前です。

 

日本では、吉田兼好の「夏を旨とすべし」が時を越えて染み付いてしまったので、いまだにコタツが当たり前に売られています。

しかし、家づくりをしている人間からすると、それは日本の恥と言っても過言ではないでしょう。

 

イコール、寒い家ばかりという事ですからね。

 

近年飲み屋さんが外にコタツ席設けている事がありますよね。

 

あれ、すごく良い試みですよね。あの状態が心地いいわけですから。

 

 

 

正直な話、オースタムでも室温20℃で設計していた頃は、定期点検に伺ってみると、「…(コタツが)っ!」

という事が、ありました。

 

それじゃいかん。という事で、設計、仕様、施工をアップグレードしてきたんです。

 

アップグレードもカンタンではありません。

 

仮に断熱材や窓だけの話であれば、コストをかけてグレードアップすればいいだけですが、

 

本当に暖かい状態をつくるには、設計・施工も大きく関わってきます。

 

暖かい状況を作りだすために、敷地を読み、見えなくなってしまう床下や壁の中や天井裏の空気の流れを設計し、それをロスなく実現するための施工。

結局、暖かい家って、実績があるところじゃないと、施工できないですよね。

 

暖かい家で暮らしたい方は、コタツがあったら「ダウトっ!!」って思ってくださいね。

 

 

 

 

hiroyuki

ほれ見ろ!風邪ひいたじゃないか!!

 

 

先日(2019.11/25)、咳と悪寒と節々の痛みに耐えきれず、会社をお休みさせて頂きました。

 

取り急ぎ病院にてインフルエンザ検査を行ったところ、陰性でした。

 

当日お約束させて頂いていた皆様、風邪にてご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ありませんでした。

 

 

さて、結果的に風邪だった訳ですが、高気密・高断熱・調湿住宅をあんまり信じていらっしゃらない方々からすると、

 

「ほれ見ろ!風邪ひいたじゃないか!!」と言われてしまうかもしれませんね。

 

 

残念ながら、高気密・高断熱・調湿住宅であっても風邪をひく事、病気にかかることは避けられません。

 

残念ながら、家の外で仕事をしていますから、もらってしまう事もあります。

 

特に、自身が疲れていて、免疫力が低下していれば尚更です。

 

 

では、高気密・高断熱・調湿住宅に、価値はないのでしょうか?

 

 

もちろん、そんなことはありません。

 

暖かい暮らしをすると免疫力が高まる他、多くの病気にかかるリスクが減ることは、すでに研究で明らかになっていると以前もブログで書きました。

 

 

なっちゃったら、もう意味がない?

 

もちろん、そんなことはありません。

 

今回の風邪で、私自身が自宅で39度の熱にうなされていましたが、布団を跳ね除けていても、寒いという感覚は一度もありませんでした。

 

万が一、インフルエンザだった時の為に、書斎の床に直接布団を敷いて隔離状態を作っていましたが、敷布団があったかくなるのなんのって、普通に寝てても、しっかり汗をかいておりました。

 

その際の 室温25℃ 床面温度27℃ 湿度48%

 

フラフラになりながらも、チェックは怠りません👍

 

この環境なら、Tシャツ・短パンを寝間着として、冷蔵庫やトイレに立っても寒く感じませんでした。

 

 

実際に、オーナー様の中にもご病気で手術などをされて、自宅療養をされた方がいらっしゃいますが、

 

「この時ほど、暖かい家にしたことを良かったと思ったことはない。」と

 

ご本人、そしてご家族からも強く仰っていただきました。

 

自宅療養の場合、ご自身ももちろん大変ですが、サポートするご家族も同様にご苦労をされるものです。

 

家の中が暖かいからこそ、どちらにもストレスが軽減できたとのこと。

 

「入院していた時と温湿度環境が変わらん。」と言ってくれた方も。

 

 

高気密・高断熱・調湿までしてる健康住宅でも、病気にかかることはあります。

 

しかし、その罹患(りかん)率は下がります。

 

今後、上がっていくであろう医療費の面でも、超リスクヘッジ。

 

そして、万が一罹患したとしても、ご自宅でのストレスを減らすことが可能です。

 

 

家を建てようと思う時期って、ご家族共に健康的な時期であることが多いので、あまり気にしないけれど、

 

すべての人は、平等に歳を取ります。

 

その家に、一生住むことを考えるのであれば、暖かい家=真冬の室温21℃(英国保健省推奨)が最低ラインです。

 

ちゃんと、建築会社さんに確認しましょうね。

 

 

 

 

hiroyuki

 

売れる家を建てるには!?

 

 

このところオースタムはイベント続き。

毎度ご参加ありがとうございます。

さて、見学会などでたまに聞かれることがあるシリーズに、

「あとから売れる家を建てるには、どうすればいいでしょう?」

というのが、あります。

家を建てる前に売る話なんて・・・と思う方もいらっしゃるでしょうが、人生の大きな転機。

 

「いざっていう時に売れたらいいよね」って考えるのももっともです。

 

という事で、後から売りやすい家を建てるためには、どんな要素が必要かかんがえてみましょう。

 

 

まず、大前提として必要なのが、「立地」です。

駅から近い、コンビニやスーパー、学校から近い、公園や病院が近くて、川や崖がまらりにない。そこそこ広い土地で出入りしやすくて・・・すべて当てはまらないにしても、土地の価値が非常に大きいです。

はっきり言って建物以上に重要視すべき点です。

資産として先々売ることを考えるなら、まずは立地。

 

片田舎や、接面道路が狭かったり立地が悪くなればなるほど売りにくくなります。

売ることを考えるなら、「買いたいと思う土地か?」という事を考えておきましょう。

調整区域で建て替え条件が高すぎるなんて、もっての外です。

 

お気を付けくださいませ。

 

では、家そのものについてはどうでしょうか。

中古住宅として「買いたい」判断してもらうために大事なのは、個人の趣味を極力消すことだと考えます。

家を建てるご家族が、どう暮らしたいか?ではなく、誰でも適用できるありきたりな間取り。想定は4人暮らしくらい。誰でも好きになれる個性を出さない内外観。あ、でも品の良いシンプルな見た目にしてくださいね。しかも広さ重視で。ご自身の趣味指向は出してはいけません。

個性や趣味というのは、もっとも無駄で邪魔なものになります。あなた達家族がどう暮らしたいか、ではなく、誰が見ても「好みじゃない」って思う部分をなくしましょう。

さらに、断熱にこだわるなんてのも、もっての外。高気密・高断熱・全館空調なんて、それこそ住む人を選びます。理解できる人、それを求めるほど家についてしっかり考えている人はごくごく少数です。やめた方が良いでしょう。

現在、転売の際に断熱が評価されることは非常のまれです。国としての評価基準も曖昧なので、そこにこだわっても今の世の中では正直意味がありません。

 

ちょっと極端に書いているように見えますが、大げさではありません。

中古で買うなら、立地が良く、家は加点方式ではなく、減点方式で自分に合わないものがないか選びますよね。既に建っている建物なので、見えない部分は良くわからないので、見た目と広さ重視。

 

うーん、書いているだけで、なんだか家を建てる夢がなくなっていきますね。よくある建売住宅の概要書いてるみたい。

もし、後から売ることを中心に考えて家を建てるなら、こんな感じ。

あ、ここまで書いたのは、あくまでもオースタムが家を建てている宇都宮近辺に言えること。

大都会やもっと僻地など地域によって、状況は変わるとは思いますよ。

 

それでも、現在の日本の不動産制度を考えると、30年で住宅の価値がなくなってしまうという悲しい現実があります。

 

では、家を建てる意味って何だろう?

 

これから家を建てる皆さんは、何を願って家を建てますか?

今の暮らしの不便を改善したい?

 

自分たち家族のライフスタイルにフィットした基地がほしい?

 

建てることそのものが夢?

 

いろんな理由や意味があると思いますが、すべての方の頭には「幸せに暮らすご家族のイメージ」が浮かんでいるはず。

 

そのイメージは、そのご家族オンリーワンのもの。

 

そのために、家づくりの際に、どこにこだわるべきか考えてみましたか?

それをちゃんとご家族で共有できていますか?

 

みんなでイメージ共有できて、具体的になっているほど、素敵な暮らしが待っているはずです。

(売るには向かないかもしれませんが・・・)

 

そう言う意味では、オースタムの建てる家は、転売価値の低い家かもしれない。

そのご家族にオンリーワンの暮らしの提案と高気密・高断熱・全館空調って・・・

だから、オースタムの家づくりとフィットするのは、お家を一生愛してくれるご家族。

 

これからも、そんなご家族と出会いたいなぁ。

 

 

hiroyuki

わたしのTシャツの家「冬の体感」OPENHOUSE 12月21日(土)開催※受付を終了しました

日々の寒さがましてきました。

 

こんな時期こそ、住宅性能を体感するにはうってつけ。

 

実際に暮らしている家に行ってみましょう。

 

という事で、

 

わたしのTシャツの家 OPEN HOUSE 開催です。

 

本格的な冬に床下エアコンでポカポカ床暖房を体感してください。

 

風を感じないエアコン暖房の仕方教えます。

放射温度計、サーモカメラご持参してもOKですよー。。。

 

 

 

 

 

★☆★『わたしのTシャツの家「冬の体感」OPENHOUSE』(予約制)★☆★

 

日にち 2019年 12月 21日(土) 

 

時 間 10:00〜 (予約済み)

    13:00〜 (予約済み)

    15:00〜 (予約済み)

 

場 所 栃木県河内郡上三川町 

※ご予約頂いた方のみ詳細をご案内いたします。

 

飼い猫がいますが、臆病すぎるため顔をだしません。猫が苦手でも大丈夫です。

深刻なペットアレルギーをお持ちの方の見学はお控えください。

 

 

ご予約希望の方は

お電話:028-672-3734若しくは、問い合わせフォーム(下記URL)よりご連絡ください。

http://www.oustam.com/mail.html

 

本イベントは完全予約制です。

定員に達する場合がござますので、お早めにご連絡ください。

 

hiroyuki