栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< 2/126PAGES >>

シャッター標準は豪華仕様???

  • author: oustam
  • 2018.03.08 Thursday

見学会でたまに聞かれます。

「シャッターは標準で付いていますか?」

 

 

皆さんは、自宅にシャッターが必要だと考えたことがありますか?

オースタムでは、新築の場合、標準でつけていないどころか、基本的にご提案しないことが多いです。

 

そもそも、シャッターを付ける意味合いとは何でしょうか。

一般的な住宅にシャッターが付き始めたのはここ十数年くらいでしょうか。

それまでは『雨戸』が一般的でした。

 

雨戸を付ける理由は大きく4つあります。

まず一つ目は、『防犯』です。

外部からの侵入から身を守るためが大きいですよね。堅牢な雨戸があれば安心です。

ただし、小さい窓などはシャッターを設置できないケースも多々あります。

そのため、現在は雨戸を使わずとも、防犯ガラスの利用と、サッシの複数ロックによって、全窓の防犯性能を経済的に上げる事ができます。

 

二つ目は『断熱』です。

もともと断熱性能の低い日本の家は、すきま風の宝庫です。もう一枚外側に戸を建てる事で少しでも寒さを防ぎました。

現在は、窓の断熱性能が快適な暮らしに如何に重要であることが、あたり前に知られるようになりました。樹脂サッシトリプルガラスなどの断熱性能の高いサッシを使用することで、断熱に雨戸を必要としません。

 

三つ目は、『遮光』です。

「真っ暗じゃないと寝られない」という方は、寝室に雨戸が最適です。

しかしそれ以外の方の場合、真っ暗が必要なケースは多くありません。

カーテン等の遮光性能も非常に高くなったので、多少の光漏れOKの場合は、こちらの方が経済的でしょう。

 

四つ目は、『台風時に何か飛んできて、ガラスが割れないように』。

これは、雨戸に勝るものなし!

ただ、わたしも今までに台風でガラスが割れて交換したケースは1枚のみです。複層ガラスの外側一枚でした。もちろんガラスは交換しましたが、火災保険が適応しました。

現在ほとんどの方が火災保険に加入するので、雨戸という高い保険を追加で掛ける必要があるのかどうか・・・

 

確かに、シャッターが付いていると、家の仕様が豪華になっているように見えます。

建売住宅などでも電動シャッターが付いているところもあるようです。

「すごい!ハイテク仕様だ!」と思わされてしまうかもしれません。

しかし、そこにはコストがかかっていて、本当に必要を感じている人以外は、無駄なコストです。

その分、断熱性能を高めたり、素材にこだわる予算を生み出せたかもしれません。

 

あくまでも個人的な意見ですが、シャッターが閉まっている家を見ると、閉鎖的な印象を受けます。

 

まとめると、必要なライフスタイルの方が、必要な窓にシャッターを付ける事が重要で、

全部の窓にシャッターが付いているのは、オカネ、モッタイナイ!!

これ、他のものでも当てはまります。頭の隅に置いておきましょう。

 

 

hiroyuki

4月7日・8日「ネコノイル、ココチヨイ暮らし」完成見学会開催!!

  • author: oustam
  • 2018.03.06 Tuesday

4月は、宇都宮市御幸ヶ原町にて完成見学会を開催します。

 

テーマは「ネコノイル、ココチヨイ暮らし」。

 

 

 

家族4人とネコ2匹。

 

ひかえめな勾配天井が、かわいらしいLDK。

 

キッチンカウンターでお食事のダイニング。

 

冬でもニャンコが床でゴロゴロできる、あったかいお家。

 

そんな暮らしがついに完成します。

 

ニャンコとの快適な暮らしを伝授しちゃいます。

 

 

 

※オースタムでは、訪問営業は一切いたしません。お気軽にお越しください。

 

 

 

☆★☆「「ネコノイル、ココチヨイ暮らし」完成見学会」☆★☆

 

日にち:平成30年 4月 7日(土) 8日(日)

 

時間:各日とも 10時〜17時

 

※予約制ではございませんが、ご相談の場合は、事前にご来場日時をご連絡ください。

 ご予約はコチラから  

 

場所:栃木県宇都宮市御幸ヶ原町(辻ぶどう園様 敷地内)

※Googl mapはコチラから

    宇都宮御幸ヶ原郵便局より車で3分  

   ※現場に駐車スペースをご用意しております。

 Googl mapはコチラから

 

すきま風の原因はスキマだけにあらず。

  • author: oustam
  • 2018.02.28 Wednesday

 

皆さんのお家の中は風を感じますか?

持ち家で築年数が経っている方は、すきま風が入ってくると話される方も多いです。

古い家はすき間が多いので、外から冷たい風が入ってくから寒い。

しかし、最近の高気密住宅あっても家の中で風を感じるケースがたくさんあります。

 

すきま風の原因はスキマだけではないんです。

 

家の中で体感できるくらいの風が吹くと、体温を奪われやすく、さらに不快指数が高まります。

つまり、寒く感じやすいということです。

 

この風の原因のひとつは、「温度差」です。

例えば、一番身近にあるのは、「窓」。

冬のじきは、窓が閉まっているのに暖房している部屋のカーテンがユラユラ。

冷たい空気がヒュー。

心霊現象ではありません。

暖房されて暖められた空気が冷えている窓ガラスに触れると急激に冷やされて重くなり、下向きの風が発生します。

これを「コールドドラフト」と言います。

 

天気予報でも、暖かい空気と冷たい空気の境目では天候が荒れるように、家の中でも暴風が発生します。

この場合の原因は、窓の断熱性能不足です。窓ガラスの室内側の表面温度が大きく下がってしまった結果、空気が動き、風が起こります。

 

この現象、窓だけでは飽きたらず、家中至る所で発生します。

各部屋暖房の場合、暖房している部屋としていない部屋の温度差が大きくなるため、足下を冷気がヒュー。

リビングと廊下、廊下と玄関、1階と2階、温度差があると、いたるところで風が発生します。

この風は冷やされた風です。

人の性質として、頭寒足熱が理想。足下を冷やされると「寒っ!」と感じやすくなります。

 

このコールドドラフトを起こさないためにも、建物全体を同じ温度にする、温度のバリアフリーが必要になります。

各室での暖房では風を感じない暮らしは非常に難しいです。

あたたかい家に暮らしたいと思われている方はすきま風のない暮らしを望んでいるはずです。

高気密高断熱は当たり前。

全館暖房の計画をしてはじめて、すきま風のない暮らしが実現します。

 

 

hiroyuki

 

 

 

断熱性能+耐震性、間違いさがし。

  • author: oustam
  • 2018.02.20 Tuesday

先日、ある紙面を読んでいた時に、発泡ウレタンの中でも「100倍発泡」を使って断熱し、さらに建物の外部は「構造用合板」を張って耐震性を高めている住宅仕様が多々あるとの記事に目が行きました。

 

ビックリです。実はこの方法、かなりリスキーなことをやっています。

 

 

100倍発泡とは、アクア〇ォームとか、マシュマ〇断熱などの名称で使われている現場発泡ウレタンフォーム断熱の一種です。

この断熱材は基本的に水(湿気)を通します。スポンジだと思って頂ければわかりやすいですね。

(より詳しく知りたい方は以前のブログ記事「断熱材にこだわる理由」をご参照ください。)

 

水を通すことがわかっているので、製造メーカーも施工する際には外側に湿気を通すシート(透湿シート)を施工することを必須としています。そうしないと、水が残って結露したり、断熱材を劣化させたり、断熱性能を低下させるという悪さをする事がわかっているからです。なので、湿気を通しやすくすること必須です。

 

では、本来湿気を通しやすくしなければならないところに、木の板(構造用合板)をはったらどうなるでしょう。

 

・・・リスキーです。

 

先に書いた、悪さはもちろんの事、木の板との間で結露を起こしたら、木は劣化します。つまり腐ります。

耐震性を高めるどころではなくなってしまいます。。。

 

多湿な日本、関東地方にとって家は湿気と戦っています。

断熱材は、「乾燥した空気」を動かなくするすることで、住宅の保温性を保ってくれます。

「湿気た空気」になると断熱性能はがた落ちです。水は熱を通しやすい物質ですから。

 

対策するには、

ー承い鯆未気い覆っ杷材+壁体内通気にして、湿気をとどまらせない。

⊆柴盪転紊押然以匹泙任垢戮討鬟ンガン湿気を通す素材で貫き通す

かの2択です。

 

「湿気を通す断熱材+湿気を通しにくい板」の組み合わせは、先々の補修コストを大きくする可能性が大です。

 

まぁ、100倍発泡を使っている時点で施主の事を考えていないことがバレ・・・ゲフンゲフン。

 

ちょっと毒が出ましたね。失礼しました。

 

長く暮らす住まいです。快適さも長続きさせるために、知っておいて頂ければなにより。

 

 

hiroyuki

にゃんこと暮らす。

  • author: oustam
  • 2018.02.16 Friday

以前から、Tシャツの家オーナー様にも新築を機にワンちゃんを家族に迎え入れる方がいらっしゃいましたが、最近のオースタムは「にゃんこ」オーナー様が増えています。

 

私も、自宅を新築した時に猫を一匹家族に迎え入れ、今もぬくぬく暮らしています。

 

猫を飼いたい思いがあるなら、猫の基本的な性質を知って、新築時から計画しておくと良いでしょう。

 

写真はうちの「ししゃも」さん、4歳(♀)にモデルになってもらいます。

眠そうですがご勘弁を。

 

まず、猫の生活には必ず上下運動が必要になります。もともと木の上で生活していた動物のため、木登りが生活の一部なんです。それができないと、運動不足になりやすく肥満や、慢性の病気にかかりやすくなります。

 

平面での運動が中心のワンちゃんとは根本的にちがいます。

広さはなくても良いので、高さが必要になります。

 

また、樹上生活の結果、高いところから周囲を監視することで安心します。

 

ということで、猫の快適な生活には、キャットステップやキャットウォークは欠かせません。

 

キャットタワーを設置する方法もありますが、後からの設置だと場所をとってしまうので、先に計画することをオススメします。

 

猫を飼う前でも、キャットステップは小物を飾る棚として、キャットウォークは吹抜けの梁を利用すれば、違和感はありません。

 

さらに計画すべきは、猫がひとりになれる場所。目につきにくくて、安心して隠れられる場所です。

ワンちゃんと違い、猫はひとりの時間を大切にします。落ち着く場所を与えてあげましょう。

さらに、ご飯とトイレスペースがあれば、プランとしては十分です。

 

時々質問されるのが、床材選びですが、やはりワンちゃんと比較すると関節が柔らかいので、床材の固さやすべりやすさは、それ程気を遣わなくても大丈夫です。ただし、クッションフロア(CFシート)など柔らかすぎる素材の場合、爪を立てて破ってしまう事があるので、フワフワ系のみ×です。

 

爪とぎも造り付にしている建築画像などをよく見かけますが、あまりオススメできません。

爪とぎは好き嫌いが大きいので、造り付にしても使ってくれなかったり、消耗品なので交換に手間がかかったりしますので、市販のものを利用する方が賢明でしょう。

 

今、一緒に暮らしている猫と新築の建物に暮らす場合は、個猫差があるのでよりしっかり暮らし設計をしてあげる必要があります。

 

さらに家族として留守番してもらうために、温度差のない快適な住環境を与えてあげてください。

ペットリフォームの中心的なご相談は、「暑い」・「寒い」・「電気代がかかる」です。

 

 

 

冬でも床に寝ころべるくらい快適にしてあげましょう。

にゃんこが快適なら、一緒に暮らす飼い主も快適に暮らせます。

 

より詳細なご質問ありましたら、気軽にご相談ください。

ニャンコだけじゃなく、ワンちゃんもOKです。

 

 

hiroyuki