栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< 2/125PAGES >>

太陽光発電中心の家づくり、やめませんか?

  • author: oustam
  • 2018.01.20 Saturday

本日も、体感見学会真っ只中。たくさんのご予約ありがとうございます。

たくさんの方とお話できて、とても良い見学会でした。
という事で、本日、お客様と話して思ったことを話題にしたいと思います。
それは、「太陽光発電中心の家づくり、やめませんか?」
太陽光発電システムが一般的に認知されて、もうすぐ10年になろうとしています。
その結果、太陽光発電ありきの家づくりが横行しています。
と言っても、太陽光発電システムが悪いと言いたいのではありません。
太陽光発電を最優先に家づくりをすることに問題を感じています。
ある方は、建築会社から、「太陽光発電システムをつければ快適な暮らしができる」風な事を云われたそうです。
もちろん、発電することでエアコンなどの電気をまかなえますが、それと快適とは別問題です。
例えば、太陽光を設置してエアコンを湯水のごとく使えたとしても、暖かく(涼しく)なる場所は、エアコンのある場所だけでしょう。廊下や、階段、トイレ、脱衣室などにエアコンを設置する方はいませんので、快適であるはずもありません。
エアコンの設置台数を増やした場合、イニシャルコスト、故障時や買い替え時のコストを考えると・・・
太陽光発電を最大限生かすためには、最少のエアコンで全館冷暖房できるだけの断熱・気密性能や換気機能を持っている住宅です。そうでない場合、太陽光はただの投資でしかありません。
システムに投資することによって、先々の電気代上昇のリスクを回避するためのものです。
つまり、リスクヘッジですね。
数年前までは、設置すれば売電で大儲けなイメージでしたが、売電価格が下がった今は自宅で消費して電気使用の実質負担額を減らすことがポイントになります。ココがご理解いただければ、太陽光はオススメです。
むしろ設置した方がいいです。
しかし、快適と混同してはいけません。
快適な暮らしのためには、まずは住宅の気密・断熱・換気・調湿・空気環境に力を入れる事が必須です。
そこをクリアして初めて投資が意味を成します。
家族の暮らしよりも投資を優先するのは、順番が逆です。
太陽光発電中心の家づくり、やめませんか。
hiroyuki

1月19日(金)20日(土)21日(日)Tシャツの家。体感見学会開催。[完全予約制]

  • author: oustam
  • 2018.01.16 Tuesday

寒さが身に染みる時期になりました。

こんな時期だからこそ、体感見学会開催します。

 

 

 

1月18日〜20日までの3日間。金曜日も開催しますので、平日お休みの方、土・日が忙しい主婦の方、完成見学会で予定が合わなかった方も、この機会にお越しください。

 

寒さが本格的になった1月、素材の温かさ、性能の暖かさを感じてください。

 

 

記憶をつなぐ家

 

Spec

断熱レベル:UA値 0.46w/孱襦HEAT20 G1グレード)(平成25年省エネ基準値 0.87w/孱襦

気密:C値 0.38㎠/屐(平成11年省エネ基準値 2.0㎠/屐

 

室内仕上げ

床:ナラ無垢材

壁:紙クロス+自然塗料

天井:杉 縁甲板

 

 

記憶をつなぐ家。体感見学week

[完全予約制]

 

日にち:1月19日(金) 20日(土) 21日(日)

時 間:am10:00 〜 pm4:00

場 所: 栃木県宇都宮市中戸祭町 (プレリオン戸祭の駐車場をご利用いただけます。)

 

ご予約・お問い合わせは下記URLよりお願いいたします。

http://www.oustam.com/mail.html

 

Google Map:

https://www.google.co.jp/maps/@36.5782714,139.8707312,19z
駐車場: プレリオン戸祭の駐車場をご利用ください。
ナビでお越しの方は、「宇都宮市中戸祭町828-15(ホリディスポーツクラブ様)」を目印にお越しください。

土地探しの近道。

  • author: oustam
  • 2018.01.13 Saturday

 

パソコンにスマホ、情報があふれている昨今。

 

土地探しも、インターネットを利用する方がとても多くなりました。

先日も、土地を探して家づくりを検討されているお客様とお話した際、

「インターネットで探しているのだけれど、なかなかいい土地が見つからなくて・・・」の声。

 

ネットで土地探しをするのは、とっても手軽です。

検索もしやすいし、スマホがあれば空いた時間にもできます。

しかし、現実にはネットでの検索では、なかなか希望の土地にたどり着く事ができません。

 

その理由は大きく2つあります。

 

ひとつは、ネットに出ている情報そのものが限定的であるという事。

不動産の物件情報は、すべてがネットに上げられる訳ではありません。

売主さんの希望だったり、その業者さんの専任物件(一社の不動産会社に販売を任せた物件)だったり、理由は様々です。

また、地元の小さな不動産屋の場合、ホームページ自体がなかったり、充実していない事もあります。

そんな訳で、ネットで不動産業者を検索するのは大事ですが、物件情報をネットのみに依存すると、実は情報が限定されてしまうのです。

 

もうひとつは、不動産業者のモチベーションです。

先日、地場の不動産業者と話したのですが、インターネットで物件情報が見られるようになってから、爆発的に物件情報の問い合わせ量が増えたそうです。しかし、その問い合わせの多くは、メールと電話。

もちろん、問い合わせフォームがあればそこから物件情報問い合わせるのはあたり前ですし、あるいは電話で済ませられれば、楽かな、と言いうのが人と言うものです。

しかし、業者さんからすれば、不特定多数の情報依頼。情報提供後の経過もわからないし、しかも話したこともないお客様。とりあえず、指定された物件を提供することしかできません。

だからこそ、わざわざお店に足を運んでくれる人については、本気度を感じるので、つい親身になってしまうとの事。業者さんも人ですから、そう感じてしまう事は仕方ありません。来店すれば、お客様の詳細の状況をお聞きしながら、希望を聞き取りすることで、希望に近い物件の提案もしてもらう事もできます。

 

つまり、本気で土地探しをするなら、「希望エリアの地場の不動産業者に足を運んで相談する。」ことが近道です。

地元の地主さんとつながりの深い不動産業者と話ができれば、ネットには出てこない専任物件と出会えるかも知れません。

 

もちろん土地探しは一期一会。すぐに出会える方もいれば、時間が掛かる方もいます。

大変かもしれませんが、これからずっと住まう場所のこと、インターネット、タウン誌なども検索しながら、ご自身の足を使うことが重要です。

 

 

 

hiroyuki

Tシャツの家 体感宿泊できます

  • author: oustam
  • 2017.12.29 Friday

年末も押し迫り、寒さが厳しくなってきましたね。

 

この時期こそ、住宅の暖かさを体感するとても良い季節です。

 

現在、オースタムでは、期間限定にて 「Tシャツの家 体感宿泊」を開催しています。

 

実際に宿泊して、この時期の家の中を体感することが可能です。

 

お風呂に入るとき、お風呂あがりは?

就寝時、布団は冷たくないの?

夜中トイレにおきた時は?

朝方の一番冷え込む時間は?

 

日中に見学するだけではわからないところを宿泊して体験してみませんか。

 

下の画像をクリックすると詳細ページにジャンプします。

 

 

 

hiroyuki

ご相談は間取りから?

  • author: oustam
  • 2017.12.22 Friday

建築会社に新築の相談をするとき、やっぱり最初は間取りの話になりますよね。

でも、この風習ってとってもハウスメーカー的。

 

ハウスメーカーの多くは、建築に使える材料を超限定しているので、間取り→金額→即契約。

とにかく打合せ回数を減らして、営業さんもコーディネーター(あえて設計の方とは言いません。)の手間を減らして、

とにかく効率的にこなして、「ハイ次っ!!」

 

自由設計といいながら、本当は自由っぽく見せられている事も多いんです。

プランも使い回しのものから打ち合わせを始めたり。選べるものも、極端に限定されていたり。

私も昔、某ハウスメーカーにいた時、「こんなに種類があります!」って5〜6種類のことを言わされたっけな・・・

それ以外を選ぼうとした時のオプション金額に驚いたこと・・・

 

で、本来の自由設計の話。

自由設計だから、何をスタートの起点にしてもOKなんです。

例えば、北欧雑貨が好きな方が、「こんな小物を持っているのでそれに合った家がいい。」とか、

家具が好きで、その家具のイメージから色合いや建具のイメージを膨らませたり。

最近の壁紙はとっても素敵なものがたくさんあるので、まずは見てもらって好みの色あわせを教えてもらうことから始めたり。

 

家族がこれから何十年と暮らす住まいのこと。

間取りも、断熱も、キッチンの仕様も大事だけれど、一番大事なのは、建てる会社と価値観が合う事。

だから、住まう方の好き嫌いや、暮らし方が家づくりには、とっても大事なんです。

あれがスキ、これがスキ、それを沢山教えてもらえれば、もらえるほど、自由設計は素敵な建物になります。

そこに時間をかけてこそ、平面上の図面ではなく、家族の暮らす住まいに近づいて行きます。

 

壁紙から、家具から、インテリアからのご相談オッケーです。

住まい手のための家づくりをしている建築会社なら、快く答えてくれますよ。

 

 

 

hiro suzuki