気密性上げすぎると、息苦しくなっちゃいますよ!

 

 

「気密性上げすぎると、息苦しくなっちゃいますよ!」

 

まさか、令和の時代に聞くことができるなんて…

さすがに、冗談では話が出ますが、そんな事言う人種は既に絶滅しているものかと思ってました。

 

先日の見学会で来場者さんに教えて頂いたエピソード。

 

宇都宮でもかなり棟数やってるデザイン系ビルダーの営業さん。

もちろん、気密測定は頼んでも難色示されたとのこと。

 

 

最近、私の回りで気密がネタとなることが多かったので、とってもタイムリーなお話でした。

 

気密・断熱にご興味のない方が、このブログを読むことはないでしょうから、少しだけ辛らつに書くと、

 

建築業者としては、やらない理由やできない理由を提示すれば、本来十分で、あとは判断はお客様がすればよいもの。

この「息苦しく…」のくだりは営業さんが成績が欲しくて出てしまった一言何でしょう。とは言え、このフレーズって、普段から使っているか、周りで使っている人がいないと、そうそう使うフレーズじゃないですよね。

なんて考えを巡らせてしまうと、「建築会社としてそのように教育しているのか?」とお客様は捉えかねないですよね。

 

このお客様は、この一言をきっかけに、そのビルダーさんとは袂を分かつ決心をされたとのこと。

 

大きい建築会社には、大きいなりのメリットも沢山ありますし、デザイン系にはデザイン系の良さがあります。

もちろん、そこにたくさん需要もあります。

 

その建築会社が、大事にしている事と、そのご家族の希望する家づくりが合わなかっただけ。

 

でも、それが気づけたのは、このご家族が自身の家づくりに真摯向き合って、情報収集を続けたからでしょう。

 

 

ちょこちょこブログで気密性については書いているので、今回は書きませんが、温度差のない暖かい家で暮らしたいなら、

 

「全棟気密測定している建築会社」

 

そこに限定するだけでも、かなりのフェイクは除けるはずです。

 

建築会社とお打合せ中の皆様は、是非「気密測定やってくれるよね?」

 

ここから始めましょう。

 

 

 

hiroyuki

コメント