断熱材ってお客さんが決めるもの?

 

 

この頃、お話させて頂くお客様の知識レベルが高くて、とっても楽しい。

 

書籍、インターネットなどを駆使して、住環境についてよく調べられていらっしゃる方が多く、話がとてもスムーズ。

 

そういった方々は、もちろん多くの建築業者を見学し、話を聞き、建物体感にも余念がない。

 

ただ、その上でごく最近聴くのが「営業さんや設計さんと話が通じなかったんだけど、ここで初めて意思疎通ができた。」という声。

 

特に、断熱や気密性能に関する内容と、構造についての内容。

 

というのも、家づくりをしようという方々の中で、特に今、感度の高い方が、参考とされている情報の出どころって、実はとってもニッチな中で有名な方々の書籍やyoutube。

 

ニッチな世界の住人なら、当たり前に昔から知っている事の最新版。

 

「あー、あの人の本ですね。」「あの人の動画ですね。」けっこうすぐにピンとくる事がほとんど。

 

でも、普段その世界に住んでいないと、情報の在処も分からなければ、今のトレンドも見えない。

 

やっぱり、どこの沼に住んでいるかはとっても大事。

 

 

さて、ここからが本題。

 

これから家を建てる方と、建築会社で知識のギャップがあるときによく聞くのが、

 

お客様から「この断熱材使ってくれませんか?」という問いに対して、「わかりました。(使ったことないけど)やります。」というケース。

 

この話、お客様が弊社と別の建築会社を比較しているときに、よく聞きます。

 

他社さんが同様の仕様に変更してくること自体は、ウチとしては全然構わないのですが、家を建てる方からすると、本来その対応をされた時点で、「あちゃー」って思わなきゃいけない事態です。

 

断熱材って、繊維系、発泡系、自然素材系、その中でも更に詳細にそれぞれ特徴も性能も違います。

 

特長が違うという事は、施工や納まりが変わります。つまり、それによって設計が変わるという事です。

 

さて、普段使っていない断熱材をお客さんの意見で、カンタンに採用する建築会社は、断熱に対する知識や設計力があるでしょうか?

 

多くの場合、「No」です。

 

知識がある建築会社ほど、しっかりとした自社のセオリーを持っています。

 

だから、競合している相手がどうかではなく、効率的にしっかりと性能を出すには、という観点から自社にとって最も適切な断熱材を選択しています。そのため、建てる方が断熱材を選ぶというタイミングは、その建築会社を選択した際にほぼ決まっていると言ってもいいでしょう。

 

建てる地域や周辺環境によって断熱材の種類や組み合わせまで変える、超々ハイレベルな北海道の工務店さんを知っていますが、そんなスペシャルな考え方も含め、その領域ってプロの領域なんです。

 

プロの領域で、更に住む人の暮らしに直結する大きな要素のひとつだからこそ、本来、各建築会社が意味を持って、基本仕様の断熱材を選択している、ハズです。

 

さて、ここまで話した上で、

 

「この断熱材使ってくれませんか?」という問いに対して、「わかりました。(使ったことないけど)やります。」というケースどのように感じますか?

 

その建築会社全体が今後その方向に進むという経営上の判断としての大きな一棟という事ならともかく、とりあえず契約をとるための一棟だとすれば、そこに施工精度を期待することはできないかもしれません。

 

直近で聞いた例だと、断熱材はお客様指定を使用するが、気密測定は対応を渋っているとか・・・

 

正直、そこまで期待するのは酷というもの。

 

建築って一朝一夕ではいかないものです。

 

その建築会社が培ってきた、知識と技術の総まとめが次の一棟に生かされます。

 

何にこだわって家づくりしている建築会社か、じっくり見て、話しを聞けばわかりはずです。

 

「何でもできます。」ほど今の時代、怖い言葉はありません。

 

その建築会社が得意な事を理解して行う建築依頼こそが、その建築会社で最もコストパフォーマンスが良い建築となるでしょう。

 

だから、『どんな暮らしをしたいか』と『建築会社の得意分野』のマッチングが重要なんですよね。

 

 

 

 

hiroyuki

コメント