床暖房が悪いんじゃない!

 

 

「暑くなり始めのこの時期に、床暖房の話って、季節感ないなぁ。」って思う方、当然のご指摘です。

 

そうなんです。まったく季節が違うんですけど、このブログのネタってお客様と話した内容から「あ、コレ書こうかな。」と思いついたものを、すぐ出ししてます。

 

冬まで待ってたら、書くの忘れそうなので、ご容赦ください。

 

 

で、床暖房ですが、オースタムのブログまで見つけて頂けた皆さんだと、

もしかすると、「床暖は暖かいらしいけど、いろいろデメリットがあるって、建築会社さんが言ってたぞ。」

 

くらいの情報を得ている方もいるかもしれません。

 

実際、電気式や温水式床暖房なんかを悪く言う建築会社さんも最近多いようです。

 

では、床暖房って、どんなもので、何が良くて、何が問題になるのか、基本から考えてみましょう。

 

 

まず、家の中で住んでいる人が常に触れてる場所、それが床です。

 

その床面が暖かければ、頭寒足熱、足の裏が暖かいので、体感温度は上がって暖かく感じやすくなります。

 

なので、温水式や電気式の床暖房を導入して暖かい家を作りましょうって考えの建築会社が一時期多くありました。

 

床暖房って設備として高コストなため、イニシャルコストが結構かかったのですが、暖かさのためならと、設置された方もたくさんいらっしゃいましたが、設置後、使われなくなるケースが多くありました。

 

というのも、ランニングコストが高かったんです。とても日常利用として使い続けられないというご家庭が。

 

更に、床暖房は低温火傷の原因になるなんて話が追い打ちをかけた結果、床暖房ダメ説が流布されるようになりました。

 

 

でも、床暖房という設備が悪い訳ではないんです。

 

床が暖かければ体感温度が上がるのは、間違いないのです.

 

実のところ、建築会社の床暖房を使うための根本的な考え方がズレていた事が問題なんです。

 

問題の大部分は、当時、温水や電気式床暖房を勧める建築会社のほとんどが、気密・断熱施工を考えず、床暖房を設置する事だけで、家を暖かくしようとしてまいました。

 

住宅の気密・断熱が弱ければ、床暖房でいくら家を暖めても、暖められた熱は屋外に逃げていきます。さらに、暖まらないからもっと暖めようと、設定上げる、ランニングコストが上がる、表面温度が高くなるため、幼児の低温火傷の原因になるなど、負の連鎖が起こってきます。

 

結果、大きなイニシャルコストを掛けたのに、更にランニングで金がかかるという理由から使われることが少なくなり、他のランニングコストの安い暖房器具にとって代わられる、というのが大方のシナリオです。

 

 

前述した通り、床暖からの出た温度を家の外へ逃がさない、気密・断熱性ここに力を入れられたら結果は違ったはずです。

 

床暖房を設置する上で、まずは住宅の気密・断熱があることがイニシャルコストを小さくするために必要です。

 

まぁ、これは床暖房に限らず、省エネ、省ランニングコストには、今どき当たり前に重要なポイントですが。

 

 

更に、快適な環境をつくるために必要なこととして、床暖房をメインの暖房に据えないという事も実は重要です。

 

床暖房をメイン暖房に据えると、床面温度が高めになりやすいのですし、室温コントロールが難しくなります。

 

足元が暖かい状態をつくるのに、何も床が劇的に暖かい必要はありません。

 

仮に、室内の空気温度が、23℃であれば、+2〜3℃暖かければ、体感温度はビックリするほど快適な状態になります。

 

その温度環境を作るためには、エアコン等の暖房機器との併用で調節するのが最も簡単な方法でしょう。

 

全館空調なら尚、管理しやすいですね。

 

ちなみに、今やエアコンは冷房のために必ず設置されますので、プラスコストという事にもならないでしょう。

 

 

さて、床暖房のイニシャルコストについての問題。

 

これは、近年、床下エアコンという手法が開発され、低コストでの導入が可能になりました。

 

エアコンの温風を床下に送る手法。

 

温水式や電気式の床暖房に比べて、設置するためのコストは格段に低くなります。

 

何より、故障等のメンテナンスのしやすさについては、温水配管や床下の電熱線の配線に比べ、格段に良くなります。

 

もちろん、床下エアコン利用については、基礎断熱の採用や、空気循環を考えた基礎形状の設計、機器配置など、しっかり検討しなければいけませんので、経験のしっかりある建築会社で採用してもらいましょう。かなりの数の失敗談を耳にします。

 

 

建物の気密性・断熱性をしっかりと考えておけば、床暖房は、イニシャルコスト、ランニングコスト、メンテナンスのしやすさ等、などを改善して快適さを追求するできる手法が存在します。

 

うまく使えば、省コストで劇的に快適な環境をつくることだって可能です。

 

 

床暖房が悪いんじゃなくて、単純にそれを入れれば暖かくなると考えてしまった建築会社達の問題。

 

何か設備をひとつ入れたら、カンタンに暖かくなったり、涼しくなったりなんて、家ってそんなに簡単ではありません。

 

気密・断熱・空気循環・湿度管理・窓配置・日射遮蔽・機器選定...etc. その土地とそこに住む家族のライフスタイルとピッタリ合わさって暮らしやすい温熱環境の家が出来上がります。

 

どんなものにも、メリットとデメリットがあります。

 

上手に判断して、思い描いた暮らし方にしましょうね。

 

 

hiroyuki

 

 

OUSTAM HP  
OUSTAM facebook  
OUSTAM Instagram  
鈴木博之 facebook  

コメント