え?箱を買う時、中身の確認しないんですか!?

 

 

箱と言えば色々ありますね。

 

筆記用具を入れるペンケース、ノートPC運ぶキャリーケース、お弁当箱、アウトドア用のクーラーボックス、はたまた、物置だって、大きな箱と言えるでしょう。

 

それらを購入する時に、モチロン外側の確認はしますよね。

では中身の確認はしますか?

 

ほとんどの方は当たり前に「YES!」と答えるはずです。

変なものとか入ってたら、嫌ですもんね。

 

更に、用途に応じて、仕様チェックをしますよね。

 

ペンケースでも、100円のボールペンを入れるものと、10万円の万年筆を入れるものでは、内側の仕上げが違いますよね。

 

PCケースも、緩衝材の有無が変わります。

 

お弁当箱は通気性優先?行き先で温められる方がいい?それとも保温した方がいい?

 

クーラーボックスも、どこに何入れていくかで、保温力の比較が必要になりますよね。

 

どんな使い方をするかによって、皆さん中身の確認はしているはず…なんです。

 

 

ではもっと大きな箱、「家」についてはどうですか?

 

前述のものとは比べ物にはならない位の金額ですが、中身チェックできてますか?

 

 

中身をお見せする場所、「構造見学会」の事です。

 

「構造見学会」と言うと、昔の悪いイメージが残っていて、木マニアの職人気質の工務店さんが、

 

「この床柱は・・・」

「どうだい、あの梁スゴイだろう。」

「この四面正の化粧柱が・・・」

 

「何言われてるか分からない(´;ω;`)」ってなりそうですよね。

 

もちろん、未だにそこに価値を感じて、アピールしている建築会社さんもあります。

 

でも、現在でも構造見学会を開催している建築会社の多くは、断熱・耐震・耐久性を効率的にアピールする重要な場所となっているんです。

 

自身があるから、見せたい。

 

見えなくなってしまう場所に、伝えたい事がある。

 

そんな会社が、建築途中での見学会を開催します。

 

 

逆に言うと、建築途中の見学会をしないという事は、そこにアピールするものがない。

若しくは、そんなところをお客様に見せても、どうせ理解されないから時間の無駄と考えているかのどちらか、かもしれません。

 

あ、この話したら、「完成物件(見学会)が多すぎて、構造やってる暇がない。」と仰れられた工務店さんがいらっしゃいましたが、やっぱりあそこはデザイン最重視だったなぁ。

 

建築会社の考えって、その広告宣伝やイベントに出ます。

 

誰に向けたイベントで、どんな人呼ぼうとしてしているのか。

 

ついつい、こんな仕事をしていると、住宅に限らず日常の様々な広告やイベント、その意味を考えながら暮らしてしまうクセがあるのですが。そんな見方をすると、その会社が自社のどの部分を売りたい(伝えたい)のか、感じることができます。

 

当り前ですが、住宅性能を伝えたかったら、体感やその仕組みを伝える方法をとりますし、美しさを伝えたければ、その仕上がりが見られるところをより伝えられる方法を考えます。

モノをあげるキャンペーンイベントが多い、とか、地域やオーナー還元が多いとか、客観的にどんな人を集めたいと思っているのか。

 

どんなバランスで、イベントや集客しているのだろう?

 

そうやって、建築会社の中身を覗いてみるのも、家づくりのパートナー探しには良いかもしれません。

 

穿った見方と思われるかもしれませんが、意外と見えるものがあるんですよね。

 

さて、あなたが新築したら、どんなライフスタイルを理想としていますか?

 

その暮らしに本当に必要なものは何でしょう?

 

それを知るためには、どこにこだわり、どんなイベントを提供している建築会社が候補に近いか。

 

建築会社の外側だけでなく、中身も想像してみましょう。

 

 

さて、オースタムのこだわりの中身は、快適性。

全館空調まるわかりの、

『建ててる途中に性能を見る』Tシャツの家の構造見学会(事前予約制)

6/6-7にて開催します。

是非、ご予約ください。

 

 

 

hiroyuki

 

6/6-7『建ててる途中に性能を見る』Tシャツの家の構造見学会 ページ
facebook
Instagram
鈴木博之facebook

 

 

 

 

コメント