瓦屋根の家は地震に弱い?いいえ。そんな事はありません。

 

 

地震速報のアラート、何度聞いても慣れないですよね。

 

先日も現場作業中に鳴り響いて、ビックリしました。まぁ、慣れちゃいけないものなんですが・・・

 

 

さて、日本は地震大国、昔から多くの地震と戦ってきました。そして近年、阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震など特に大型の地震被害が多発する中、屋根は軽い方がいい。という考え方で、瓦を使う方は激減しました。

 

ただ、論調の中で、誤った印象を持っている方が多いので、ちょっとだけ解説。

 

 

誤りの一番大きな部分は、「瓦屋根の家=自身に弱い」です。

 

特に簡単にこの話をしちゃうのが、住宅営業と言われる人たち。

 

「上が重いと建物の重心が上がるから、バランス崩してつぶれやすいんです!」

 

よく聞くフレーズです。この理屈、理屈だけで言うとモチロン正しいのです、現実にはちゃんとした解釈が必要です。

 

重い屋根、重い外壁といった重い建物ほど、自重の影響を受けて、地震力を大きく受けます。

 

同じ建物であれば、重い方がダメージを受けやすのは必然です。

 

ただし、そんな事はわかりきっているので、建築基準法では、屋根や壁が重い材料の場合、計算上、耐力壁量が多くなるように係数が決められています。つまり重い建物は、その分耐震性を高く設計されます。

 

同じ耐震等級3の建物だったとしても、瓦屋根の家と板金葺きの家だと、瓦屋根の家の方が耐力壁の量は多くなります。

 

昔の家ならいざ知らず、これから新築をするにあたって、安易に「瓦屋根の家は地震に弱い」「板金屋根の方が安全」とは言えないのです。

 

むしろ、耐震等級はどうなのか?という事の方がよっぽど重要です。

 

等級が上がるのに比例して耐力壁は増えますからね。

 

耐震等級3、一択で。

 

 

「あれ?オースタムって屋根も外壁もガルバリウム(板金)の家が多いんじゃない?話が違うじゃん!」と思った方、弊社を詳しく知って頂いてありがとうございます。

 

屋根や外壁に板金を使う事が多い理由は、やはり「軽い」からです。

 

「益々話が違う!」と思うかもしれませんが、これ、地震力の話ではなくて、長期メンテナンスの話です。

 

屋根にしても、外壁にしても、ビスや釘などを使って留めつけられています。この金物たち、何十年も同じ位置に同じ深さで留まっていてくれるでしょうか。その分留め付け箇所を増やしたり補強したりしますが、長年保持するのって大変ですよね。

 

特に外壁などは、断熱性能を確保するために、充填断熱(内断熱)に加えて、付加断熱(外貼り断熱)を追加するケースも増えました。壁が厚くなるほど、建物を支える柱から遠くなった上、更に重い外壁材が乗ったら・・・

 

リスクを理解した上での対策を施工をすれば、安心です。

 

でも、その対策って、費用掛かってます。

 

重い建物になって、耐力壁が増えるという事は、そこに費用が掛かってきます。

 

耐力壁が増えるという事は、その分プランの制約が出やすいですよね。

 

だから、ガルバや最近では木など軽いものをベースにご提案することが多いです。

※質感が好きな事も理由のひとつだったりしますが・・・

 

 

モチロン、瓦やモルタル壁など、重い材料であってもメンテナンス性や遮音性、美観など、その材料によってそれぞれのメリットがあります。一概にデメリットばかりであるはずがないのです。

 

ご家族の思い描く理想的なライフスタイルに必要な材料もあるでしょう。

 

そこに、意味と価値があるときは、必要に応じて使用すれば良いのです。

 

建築会社にもそれぞれが大事にしている思いがあって、それによって標準的な仕様が決められています。

 

あなたの想いと建築会社の思いがラップするとき、きっとステキな家づくりになりますよ。

 

 

ってなんだかオチが思っていたところと違ってしまったけど、また長いって言われそうなので、今日はこのくらいに。

 

 

 

 

hiroyuki

 

コメント