テレビに出るにあたり感じた事を。

先日出演させて頂いたテレビ番組放送後、お客様、オーナー様、協力業者、親族、友人、

 

本当にたくさんの方に、「テレビみたよ!!(笑)」の報告を頂きました。

 

不肖な私が、たまたま出演ことになったにも関わらず、多くの方に喜んで頂けたこと、本当に嬉しく思います。

 

この場を借りて、お礼申し上げます。

 

 

 

 

さて、実のところ、今回テレビに出るにあたっては、もろ手を挙げて喜んいた訳ではありません。

その辺のことを、ちょっと書いてみたいと思います。

 

今回のテレビ出演については、本当に降って湧いたような話で、特に何かコネクションを使ったものではありません。

 

当然、オースタムでお金を出した広告でもありません。

 

放送できそうな建物を探していたところに、偶然目に留まったという感じ。

 

プロフェッショナルが作ってくれるので、生活感のある家を美しく撮ってくれることは間違いないのですが、

15分という短い時間で、さらにバラエティ番組という性質上、どこまで伝える事ができるか、誤った印象や情報が伝わらないか不安が大きいものでした。

 

イチ住まい手としての出演ですが、作り手でもあるため、その意味では、誤解が最も恐れるところなのです。

 

映像は途中で確認がある訳ではありませんので、最終的にどのような映像・編集になるのか、まったくわかりません。

 

ディレクターのSさんは、もともと暖かい暮らしという部分に注目してくれたので、その部分をしっかりと切り取りたいという事で、ロケハンでは、時間をかけて、家の特徴を真摯に事細かく確認してくれました。それでもお会いしたのは、電話数回とロケハン、撮影時のみ。実際に放送になるまでは、やはり不安が大きかった事も事実です。

 

頭の中では、アノ言い方まずかったかな?とか、アノ部分だけ切り取られたら、変な意味になっちゃうなとか、結構グルグルしてました。

 

結果的にはある程度は杞憂で、15分という時間の中で、とても素敵に仕上げて頂けたと思います。

 

栃木県のヒートショックリスクが極めて高いという事実を啓蒙するというのも、オースタムが年始に掲げた使命のひとつ。

それをしっかり解説付きで放送してくれました。

 

ディレクターのSさんにはホント感謝です。

 

 

それでも、私としては、画面映えするという理由から、空気循環の為の24時間換気のみのお話になってしまった事を、あらためてこの場で訂正しておかないと・・と思ってしまうのです。

 

実は今日、県外の方から循環の仕組みについてのご相談を頂きました。

 

「あの機械つければ、あったかくなるんかい?」

 

もちろん答えはNoです。

 

換気があるから暖かいのではなく、気密・断熱がしっかり施工できているから、はじめて空気を循環して、暖かさを一定にできているんです。

 

だから、放送で話したシステムを付ける事が重要なのではありませんし、あの装置を見様見真似しても絶対にうまく行くものではありません。

 

気密、断熱、温度、湿度、空気循環、構造、機器選定、素材選定、その要素が絡み合っています。

 

金額についても、注釈いっぱいつけたいです。

 

 

今回のことで、カメラを前に不特定多数に話すことの大変さを実感しました。

 

やはり、見学会は予約制で、一組ずつ、目を見て、そのご家族のためにお話したいですね。


また、オースタムは小さな家族経営の工務店。

 

栃木県から遠く離れた地での、施工はできません。

 

ご承知おき頂ければ幸いです。

 

 

それにしても、本当におもしろい体験でした。

 

これを糧に、また見学会やります。

 

興奮も冷めやらぬまま、テレビに出ていた私の自宅の体感見学会を開催します。

 

『わたしのTシャツの家「晩冬の体感」OPENHOUSE』(予約制)

 

3家族限定ですので、ご予約はお早めに。

 

 

 

 

hiroyuki

 

コメント