夢にまで見た着工研修会だっ!!

 

 

どの建築会社で、家づくりを進めるか。

 

デザイン、性能、人柄、社風、価格、知名度 ...

 

たくさんの選択肢があり、デザインだけじゃダメ、性能だけでも、予算だってあるし、安心して建てられなくちゃ...

 

もちろん、どれかひとつのポイント、という訳ではなく、各要素のバランスから、自分たち家族に最も価値観が近い建築会社を選び出のです。

 

今回、自宅の建築を決めたDさんも、同じように価値観の近い建築会社を選び出しました。

 

ただ、決め手となったのは、「着工研修会」でした。

 

 

着工研修会とは、カンタンに言ってしまえば、お施主様と建築会社スタッフ及び主要な協力業社の顔合わせ会です。

 

その工務店は、建築するすべての住宅について、着工前に顔合わせ会を行っていました。

 

事前に施主と、協力業者が顔を合わせることで、信頼関係が築けます。

 

また、施主が現場に行きやすくなると思いませんか?

 

現場で働く職人さん達。いかついイメージが多くあるかもしれません。

 

事前に少しでもその職人さんを知っていたら、話しやすいですよね。

 

建築会社の中には、「営業が一緒じゃないと現場を見せない」ところもあるようです。

 

もちろんそれは、事故防止や職人の手を止めさせない為もあるかもしれません。

 

とは言え、一生に一軒のマイホーム。自分の家がどんなふうに作られていくのか、リアルタイムで見てみたいものです。

 

さらに、建ててくれている職人さんと仲良くなるのはとっても素敵なこと。

 

どの施主の家だってしっかり施工するけれど、職人さんだって人だもの。

 

仲が良くなった施主さんのためには、特に頑張っちゃうに決まってます。

 

だから、施主にはたくさん現場に足を運んでほしいのです。(休憩時間推奨ですよ。)

 

 

それでも、いきなり現場で話しかけるのは、ちょっと抵抗あるかもなので、顔合わせをしておくんです。

 

真面目な人なんだな。オモシロイ人だ。見た目より柔らかい印象の人だな。

 

そんな風に人柄がわかる、顔合わせ会「着工研修会」を行っている。

 

もちろん、こんなこと、月に何十棟も家を建てている建築会社にはできません。

 

そんな事をしたら、その建築会社は毎日が顔合わせ会。工事が進みませんよね。

 

だから、年間でも建築棟数が少ない、一棟一棟お客様と向き合う事ができる建築会社がいい。

 

Dさんが、最終的に「着工研修会」で、その建築会社を選んだ決め手でした。

 

 

そんなDさんに、着工研修会の日程をご相談した時のひとことが、

 

「夢にまで見た着工研修会だっ!!」

 

 

 

 

さて、「着工研修会」を全棟行っている建築会社、どの工務店の事かは、ご想像にお任せしますね💗

 

 

 

 

hiroyuki

 

 

コメント