コートの性能に感動!?やっぱり見えない所がスゴイんだ!!

 

 

この冬は、コートを新調しました。

 

普段、古着ばかり着ている私ですが、今回は素材に注目してもちろん新品を。

 

目を付けた素材は「PRIMA LOFT GOLD(プリマロフトゴールド)」。

 

カシミヤ繊維の半分の太さの極細の人工繊維。

 

もとは米軍の寒冷地用防寒着に採用するために開発された素材で、ダウンの8倍暖かいなんて言われているようです。

 

保温性、軽量性、撥水性、柔軟性、通気性にメチャメチャ優れているという。

 

実際に着てみると、

 

「この薄さ・軽さで、この暖かさ!しかもコート内の湿度があがる不快感がまったくない!!」

 

という、今までに体感したことのない快適な防寒具でした。

 

 

さて、今日はコート自慢をしたい訳ではありません。

 

もしあたなが、一生で、1枚しかコートを購入することが出来なかったら、どんなものを選びますか?

 

デザイン、生地、性能、価格、優先順位が人それぞれあるでしょう。

 

では、毎年冬は氷点下の中、長時間出勤しなければならないとしたら、どうでしょう?

 

 

少なくとも、出勤中、暖かさを保てる、性能に目を向ける方が多いのではないでしょうか。

 

 

翻って、ご自身の家づくりはいかがですか?

 

オースタムがある栃木県は必ず毎年、真冬は毎朝、最低気温が氷点下になります。

 

そんな中でも、「断熱材?断熱性能?勧められたヤツでいいんじゃない?」という方、まだまだ多いです。

 

家にとって断熱材は冬のコート。しかも、一度購入したら、買い替えするのは本当に大変なこと。

 

このコートの質によって、何十年と寒い思いをすることになります。

 

だからこそ、断熱にはしっかりこだわった、家づくりをお勧めします。

 

 

オースタムは「エアクララ」使っています。詳しい説明は長くなるので、興味がある方は見学会に来てください。

 

2月8日(土)9日(日)の2日間、下野市でオープンハウス(予約制)開催します。

 

詳細はHPで追って公開しますね。

 

 

 

hiroyuki

コメント