24時間換気扇のお掃除ってホント大事。

以前、「24時間換気扇を回し続けると冬寒くなるので、止めちゃってください。」という営業さんがいたというブログを書きました。実際まだまだ、そんなこと言ってる営業さんいるようですので、要注意です。

 

最近、断熱材の販売店さんと話をしたときに聞いた話によると、「24時間換気扇のケア」について、しっかりご案内しない建築会社が意外と多いとのこと。

 

 

具体的には、24時間換気扇(以下、換気扇)のフィルターのお掃除。

 

これ実は、とっても大事です。

 

Tシャツの家のオーナー様には、お引渡しの時に口酸っぱくお願いしているので、皆様ちゃんとお掃除してくれているのですが、このケアの重要性にピンと来ていない建築会社さんは、フワッとしか説明しないようです。

 

 

さて、換気扇のフィルターを掃除しないとどんなことが起こるか。

 

例えば、新居に暮らし始めて、最初の年は結露しなかったのに、数年後くらいから窓の結露が増えてきたなんてことがあります。

原因に、換気扇のフィルターお掃除をしているかという事が考えられます。

 

換気は、家の中の空気、つまり二酸化炭素を含めた汚染物質を外に排出すると共に、新鮮な空気を室内に取り込みます。

そして、空気と併せて、湿気のやり取りもするんです。

 

換気扇のフィルターのお掃除を怠ると、フィルターがホコリなどで詰まります。

 

詰まると本来2時間に1回程度、家の中の空気が入れ替わる約束なのですが、それができなくなります。

 

家の中の湿気もたまることになるので、湿度が上昇します。

 

すると、あら不思議。毎年同じ室温のはずなのに、家の中の水分量が多くなっているので、窓が結露するという仕組みです。

 

もちろん、ご存知の通り結露が起こると良いことは何もありません。

 

さらにフィルターが詰まったまま換気扇を回し続けると、モーターに負荷がかかりますので故障の原因にも。

 

換気扇は止めちゃダメなだけでなく、定期的なお掃除が必須です。

 

場合によっては、換気扇のフィルターの詰まりが原因ではなく、外壁の給気口側が詰まっていたなんてこともあるので、建築会社の定期点検の時にはよくみてもらってもいいかも。

 

 

まぁ、24時間換気を甘く見ている建築会社のほとんどが、住宅の気密について軽視していると思われます。

 

気密性が低いと、家のあちこちで自然換気が行われるので、機械で管理なんて不可能ですもの。

 

そんな状況では、温度管理も、湿度管理も、空調管理もできないので、「自然と暮らす」的な雰囲気のいいキャッチコピーなりますよね。

 

 

C値0.5以下の気密にもちゃんとこだわった結果の快適な暮らし。

普段、快適に暮らせている分、その労をねぎらうつもりで、定期的な換気扇のお掃除をしてあげてくださいね。

 

 

 

hiroyuki

 

 

⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆

株式会社オースタム

 

address:栃木県宇都宮市立伏町948-163

TEL:028-672-3734 FAX:028-672-3753

mail:info@oustam.com

 

oustam Homepage     http://www.oustam.com/
oustam blog              http://oustam.jugem.jp/
oustam facebook       https://www.facebook.com/oustam.T.house/
鈴木博之 facebook      https://www.facebook.com/suzuki.hiro.900
oustam instagram      https://www.instagram.com/oustam01/


⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL