断熱だけで温度差は埋まらない。

先日、他県の建材系商社の営業さんと彼が建てた家の話をしたときのこと。

 

「断熱にこだわって建てたのに、トイレとか脱衣室が寒いんです。」

 

職業柄、断熱の重要性を理解していたし、なんなら数字上、オースタムの建てる家よりも断熱性能の数値が高い家を建てた彼。

 

なのに何故か、寒い部屋がある。

 

原因はどこにあるのでしょうか。

 

 

 

まずは、断熱ってナニ?って考えてみましょう。

 

「熱」を「断つ」のですから、外の暑い寒いが中に伝わらないようにし、

また家の中の暖かさや涼しさが外に逃げないようにすることです。

 

屋外からの熱の影響を小さくするためのバリアです。

 

 

温度差の少ない家をつくるにあたって、断熱は必須です。

 

しかし、それだけでは各部屋の温度差は埋まりません。

 

そこで必要になるのが、『空気循環』です。

 

近年の高気密・高断熱住宅となると、冷・暖房に使うエアコンも1台や2台という事が多くなってきました。

 

冷暖房機器の台数が少ないという事は、熱源及びその吹き出し口数が限られるということ。

 

どんな冷暖房機器も同じですが、熱源の近く、吹き出し口の近くが最も冷暖房の熱が効率的に伝わります。

 

物理的な距離が離れれば離れるほど、届く熱エネルギーは小さくなります。

 

さらに、壁などの障害があれば、より伝わりにくくなります。

 

だから、隅々まで熱が伝わるように『空気循環』を考えなければいけません。

 

室内はオープンな設計、より空気が循環しやすい通り道を作る。

 

断熱仕様によっては、基礎、壁体内、屋根裏まで、家中の空気の流れを想定した『設計』が必要となります。

 

 

これができないと、暖房の暖かさやエアコンの冷気が届きにくい部屋や空間ができてしまいます。

 

空気が滞るということは『換気』の問題もでてきてしまう。

 

 

『温度差のない家』=『全館空調』を考えた場合、『断熱』だけでなく、『空気循環』さらに『気密』『湿度管理』の4要素を設計する事が重要です。

 

これから家を建てる計画がある方は、この4つのワードについて、建築会社に「どうしてる?」と聞くだけで、「わかってる人が来た。」とばかりにしっかりと自社の強みを語ってくれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

hiroyuki

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL