栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< エコの行き過ぎに注意。 | main | Tシャツの家 商標更新。 >>

「できない」ことがあります。

  • author: oustam
  • 2019.06.19 Wednesday

お客様に「できない」と言うな!!

 

これ、社会人になって、会社に入ると徹底的に教育された方、沢山いらっしゃると思います。

 

かく言う私もその一人。ハウスメーカー入った時なんか、エリアマネージャーから嫌という程言われました。

 

「できないと言った時点で、そのお客様は他の店に行くと思えっ!!」

 

当時から、まったく納得できませんでした。

 

本当に、そうなのでしょうか・・・

 

 

 

現在、オースタムでは、「できない」ことがあります。

 

例えば、

 

\儷謀な営業活動はできません。

 

大手ハウスメーカーや大きな建築会社さんは、沢山の営業スタッフがいて、お客様対応をします。

オースタムには、営業専門のスタッフがいません。

もちろん、家族経営の小さな工務店だから。と言ってしまえばそれまでですが、

現実には、営業専門のスタッフを雇うと、その人は「家を売る」事に従事します。

売って、報酬を得る。もちろん、社会的には必要な役割かもしれませんが、会社側も売らせるように発破をかけることになります。

会社が家の押し売りをする。そんな事はしたくないのです。

だから、毎週のように「家買いませんか?今なら安くします。」なんて足を運んだり、電話をしたりなんてことはできません。

 

 

極端な建物デザインはできません。

 

建物をカッコよく作りたい。これは家を建てるご家族も、施工する我々もお互いに大事にしたい事です。

しかし、建て主の好みだけで、特に建物の形状を作ることはできません。

近年、軒のないデザインの住宅が増えてきました。超住宅密集地ならばともかく、土地に余裕がある地域であれば、軒を出した方が、長期的に考えても雨漏りリスクを減らすことができます。

断熱・気密、耐震、雨仕舞、エコ、メンテナンス、など、住んでから如何に安心して、快適に暮らしていただけるかを考えての設計させて頂きます。

余りに極端なデザインとなると、上記性能へのリスクが高まる他、建物と共に自身も年老いたとき、不似合いになる事はないでしょうか。長年住み続けて頂く。其れをもとにご提案しています。

 

また、△稜廟厳燭箸靴董◆崔杷性能そんなに高くなくていいから、安く建てられない?」というご相談。

 

残念ながら、できません。

 

このレベル以上でないと、住んでからオーナー様に快適だと思っていただけないのです。

 

 

 

本来、建築に限らず、どんな会社にも曲げられない思いがあるはずです。

 

それは「どの部分に真にこだわっているか」という事なんだと思います。

 

「何でもできます」、「何でも得意です」というのは、

「こだわりがありません」、「専門分野がありません」と言っているのと同義です。

 

本当にすべてにおいて完璧にできるのであれば、その会社1社あれば、その業界すべて独占できてしまうのですから。

 

 

オースタムが「できない」ことをお客様に伝えることは、お客様と本音でぶつかるためです。

 

「できない」ことには理由があり、それをしっかりとご説明させて頂く。

 

そんな所の価値観をご理解いただけるオーナー様方と出会い、家づくりさせて頂いていることは、本当に幸せなことです。

 

書いていて、あらためて感謝の念が湧いてきました。

 

 

 

hiroyuki

 

 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする