栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< 3月16日(土)17日(日)『田園の平屋』断熱体感見学会(事前予約制)※受付を終了しました。 | main | 南側の窓はペアガラスが良い? >>

工務店の価値とは・・・

  • author: oustam
  • 2019.03.07 Thursday

オースタムは、地域工務店と呼ばれる、新築や大規模なリフォームだけでなく、トイレの交換や暖房機の入れ替え、鍵の取り換えなど、補修を含むメンテナンスも行っています。

 

中には、「小さい工事で相談してゴメンね。」なんて言いながらご相談いただく事もありますが、工事の大きさは関係ありません。

病院に行って、風邪でも、インフルエンザでも、もっと大きな病気でも、同じように対応してくれます。

地域工務店も同じで、住まいの掛かりつけ医のようなもの。

気になる症状があるときは遠慮なくご相談いただきたいのです。

 

さて、最近インターネットで探すと、色々な専門工事店が見つかります。

例えば、「お風呂の乾燥暖房機が壊れたので入れ替えたい」と考えたときに、インターネットで検索をすると、乾燥暖房機が得意な工事店がたくさん見つかります。標準施工費が表記してあり、内容も分かりやすい。

場合によっては、はずした既存の機器は一般ゴミとして処分できます。なんて感じで安くするポイントを作ったりして流石です。

実際に地域工務店に依頼するよりも価格も安い場合が結構多いです。

 

 

では、地域工務店に相談するのは時間の無駄なのでしょうか?

 

ここで考えるべきは、お客様自身がどんな状況にあるかです。

 

例えば、入れ替えたい機器の種類も比較検討を重ねて十分に理解している。

さらに、それが設置できるかどうかも、自身で確認・判断ができる。

 

そんな状況やモノであれば、安いインターネットで探した業者さんで十分納得できるはずです。

イメージとしては、薬局で薬を買う感じ。

 

 

熱があって、喉が痛いので、風邪だろうな。市販薬で治そう。

経験上わかっている場合、それでも十分有効です。

 

ただし、なんだか悪寒の具合がいつもと違う。めまいも・・・

原因や対処が見えない場合、病院へ。

総合的に調べることになります。

風邪だと思っていたけど、原因は生活習慣からくる耳が原因だったとか。(経験した話。)

これは掛かりつけ医と生活習慣について問診や検査をしないと特定できません。

 

地域工務店は掛かりつけ医。

地域工務店の価値とは、一緒に解決方法を考えることです。

 

 

お客様の暮らし方を聞いて、

「A案を希望しているようだけど、ここに困っているなら、B案もあるけど、どうかな?」

と相談できること。

 

例えば、お風呂に暖房機をつけたい。

理由は、お風呂場が寒いから。

では、対処療法として暖房器を設置するだけではなく、

根本治療として断熱しましょうという総合的な判断もできます。

 

結果、提案したB案にならなくても、お客様は可能性を広げることができます。

もちろん、お客様のA案一択となる場合もありますが、そこをプロとして色々な可能性を考慮して一緒に考えるからこそ、その一択が安心につながります。

 

どこで家を建てたとしても、買ったものだとしても、家のメンテナンスが必要な時期は必ず来ます。

 

ドラッグストアで市販薬を買って対処する事もあるかもしれませんが、

病院で診てもらう必要があるかどうかの判断はしっかりと行ってください。

 

手術が必要なことになる前に・・・

 

 

 

hiroyuki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする