栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< 10月27日(土)住んでるおうち見学のご案内(完全予約制)※受付を終了しました。 | main | ニュースタンダード!!(New Standard!!) >>

時代は変わり、価値観も変わる。

  • author: oustam
  • 2018.10.18 Thursday

先日、ママ友会のBBQを自宅で開催したとき、参加されたお友達パパと家づくりについて、

 

「昔は大工さん主導の家づくりだった。」という昔話をしました。

 

 

昔と言っても、我々の親、祖父母世代。家づくりって施主主導ではなかったようです。

 

建て替えの打合せなどしていると、施主様から、

「前に家を建てたときは、壁や床すらまともに選べなかった。間取りだって、大工のいいなり。」

なんておっしゃる方がかなり多いです。

 

大工さんが、

「俺が建ててやるんだから、任せろ。」的なケースは意外と多かったのではないでしょうか。

その実、住まい手とのニーズとのギャップが多く、「こうしたかったのに・・・」という気持ちが残ったのでしょう。

 

大工さんが受け継いできた確かな技術はあれど、住まい手の暮らし方の多様化についていけなかったのでしょうね。

 

その一方、「戦後のとにかく数を建てて、日本を復興させる!」という中で出来上がってきた、ハウスメーカー。

「家は30年持てば十分」という考えのもと、とにかく建てて、建て替えてという仕組みを作り上げました。

顧客ニーズを集約して、単一化することで、より効率化をはかってきました。ニーズを単一化したといっても、仕様を選べる幅があるので、大工さん主導の家づくりを経験した世代にとっては、自由度と営業マンの対応は感動的だったのではないでしょうか。

現在、ハウスメーカーと言えば大企業の代名詞ですが、その大成には、家を「建ててもらう」から「建てる」に価値観が変わってきた所にあるかもしれません。

 

そして、現在、ハウスメーカーでは建てたくないという方が増えてきています。

その大きな理由としては、ハウスメーカーも、やはり建てる側主導の家づくりと気づき始めています。

 

時代が、価値感が変わってきています。

自分たちが暮らす快適な空間、

他の人の価値観に惑わされない、自分たち家族のための暮らし方、

そのためのベースに必要な、断熱性能、耐震性能、

メンテナンスしながら永く暮らせる素材、

そしてパートナーとして傍にいてくれる施工者、

 

に価値を求める方が増えているなぁと感じます。

 

逆に、

 

誰かのトレンド、

集約されたニーズ、

効率化されて大量生産されるモノ、

建てる時だけ愛想のよい営業活動、

 

そういったものに価値がなくなりつつあるのでしょう。

 

戦後復興の大量生産、大量消費の時代は、とっくの昔に終わりを迎え、

住まい手の暮らしを考えた家づくりが求められる時代になりつつあるんです。

 

 

って話をBBQ中にパパ友に・・・だいぶ割愛したとはいえ、今思うとBBQ中の話題じゃなかったなぁ。

 

 

 

 

hiroyuki

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする