栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< どちら様ですか??? | main | 決め手は何か? >>

あの頃の情熱おぼえていますか?

  • author: oustam
  • 2018.10.04 Thursday

家づくりは、たくさんの制約のなかで行われます。

 

それは、「土地」だったり、「予算」だったり、「時間」だったり、

ほとんどの方がこの3つのことで思い悩むことになります。

 

私自身も自邸を建てるにあたっては、この3つとの闘いがありました。

(特に2番目ですが・・・)

 

真剣にまじめに、家族思いであればあるほど、特に旦那さんは思い悩む方がいらっしゃいます。

 

 

そうすると、ある症状が発症します。

 

それは「視野狭窄」です。

(もちろん、実際に発病する訳ではありません)視野狭窄とは、網膜剥離などで視野が狭くなる症状のことです。

 

視界が狭くなると、「図面」や「仕様」という目の前にあるものばかりが気になるようになります。

この症状、本当に多くの方が罹ります。皆さん真剣ですから。

 

その結果、どんどん狭い道に迷い込んでしまい、目的を見失ってしまう方も。

最近話した大手メーカーで新築した方だと、「部屋の大きさ」が気になり始めて、「断熱」を犠牲にしたご家族や、「蓄電池設置」のためにこどもが楽しみにしていた「ロフト」を削ったなどなど (´;ω;`)

 

 

そんな時、思い出してほしいのは、「どんな暮らし」を思い描いて家づくりをはじめたか。

ご家族の暮らしをより HAPPY にしようと思って家づくりを考えたはずです。

その時、どんな暮らしを想像しましたか?

どんな家族とどんな場所で、どんなことをしていましたか?

 

家づくりのゴールは図面の完成ではありません。

家族で暮らすこと。さらにそこからがスタートです。

「家を建てよう!」と思い立ったあの頃の気持ちをを思い出してみましょう。

そうしたら、大事にしたい空間やその配置、どこに予算をかけるかが変わってくるかもしれません。

 

 

hiroyuki

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする