栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< わたしの自宅、見学会 9/29(土)[予約制]※定員となりました。 | main | あの頃の情熱おぼえていますか? >>

どちら様ですか???

  • author: oustam
  • 2018.09.27 Thursday

 

 

建築業をやっていると、FAXやメールでたくさんの来るものがあります。

 

それは、名前も知らぬ会社からの施工依頼です。

 

東京などのリフォーム会社などから、あなたの地域の工事依頼をもらったので

 

「●●万円で工事を頼めないか?」というもの。

 

会ったことも話したこともナイ会社からなので、詐欺の類だと思っていたので、これまで一切をごみ箱行きにしていたのだけれど、先日、一社だけ社名を検索したら、ちゃんとしたホームページのあるリフォーム会社さんでした・・・

 

社名を騙った詐欺ならいざ知らず、もし本当の依頼だとしたら、恐ろしいことです。

 

工事を相談した施主はそのリフォーム会社を信頼して施工を頼んだにも関わらず、自社で施工が難しいからと言って、業者名簿に手あたり次第FAX送りつけて、誰でもいいから施工してもらおうなんてことだったら・・・

 

そんなときに、ふと思ったのが、大手住宅メーカー。

 

実際に施工している大工の多くは地場の大工。大工だけでなく、電気屋も設備屋も左官屋も、みーんな地場の職人さんです。

でも、工事が始まるまで、誰に当たるか施主にはわかりません。

腕のいい職人さんに当たる事もあれば、そうでないこともあります。

しかも、腕のいい大工さんは自身で仕事を受注できるので、大手の下請けに入るケースは少ないのが実情かもしれません。

 

オースタムもかなり昔、私の入社前に一度だけ北〇ハウ〇ングの住宅施工をしたことがあるそうです。。

もう2度とやらないと弊社会長はボヤイておりました。

 

私がむかーし所属していたハウスメーカーでも、営業内で大工の当たりはずれの話がよく出ました。

 

だからこそ、多くのハウスメーカーはたくさんの設計ルールを設けて、仕様を統一し、システム化して、普段やらない仕事をさせない。職人の腕に頼らない方向にしようとしています。住む人のそれぞれの暮らし方ではなく、固まった枠に当てはめて、その暮らし方を固定します。

 

だから、工場でほとんどつくって、現地では組見立てるだけ。という工場見学がとっても楽しい某セ〇スイさんのような家づくりは最たるものでしょう。

 

もちろん、だからこそよりシステム化された大手が安心、と考える方もいるでしょうし、事前にどの施工者がいい施工か見分ける事は無理と方もいるでしょう。その考えを否定するつもりはありません。

 

ただ、ご家族がこれから夢を抱いてつくる家、それを安心してつくり、施工会社と長く友人でい続けるためには、施工者や経営者の顔が見えるということが大事だと考えます。

価格や見た目、という部分だけでなく、候補となっている建築会社の建物をたくさん見学し、その会社とたくさん話をすれば、意外と見えてくるものです。時間はかかるかもしれませんが・・・

 

オースタムでも、来週には次に着工する新築物件の顔合わせ会があります。

施主様ご家族とオースタム、そして協力業者に参加してもらい、責任をもって施工するために、お互いの顔を知ってもらう。

とても大事なことだと思っています。

 

最初は緊張しているお施主様の顔が、だんだん緩んでくる姿を見るのがとっても楽しみです。

 

 

hiroyuki

 

 

 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする