栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< 紹介だから値引き300万円!? | main | わたしの自宅、見学会 9/29(土)[予約制]※定員となりました。 >>

タダより高いものはナイ!?[地盤編]

  • author: oustam
  • 2018.09.13 Thursday

 

 

構造塾という、住宅の構造、地盤、耐震などについて学ぶ技術研修を受講しています。

 

今回は、地盤についての研修を受けました。

 

私自身は、地盤については得意分野です。今回の研修は昔習ったことを久々におさらいという感じでした。

 

というのも私は昔、「家は性能」で有名な〇条工務店に籍を置いていたこともあり、地盤についてしっかり学ばせていただきました。

というのも、当時、〇条工務店は『営業社員』がお客様宅を訪れて『地盤調査』を行っていました。

 

調査方法の説明や近隣状況の報告等、すべて営業の仕事。研修で学び、その伝え方を先輩をみて学ぶの繰り返しで基本知識をしっかり学ばせていただきました。

 

とは言っても、営業が行う問題も多々あって、さらには、「お客様に汗をかいている姿を見せることが重要」と本来ならカウンターが付いていて、データを自動で取れる時代に、営業が声を出して機械の回転数を数えたり・・・しかも営業が数えることをいいことにデータを改ざんするような輩が・・・ゲフンゲフン(今はもうそんな制度ではないとは思いますが。)

 

おっと、話が脱線しました。

今回の研修で話が出たのが、『地盤調査費用』についてです。

地盤調査会社は主に『地盤調査』、『地盤改良』、『地盤保証』の3つが主要業務です。

 

その中の『地盤調査』費用が驚くほど安い業者が出てきているとのこと。

聞くと、そんな値段で絶対やっていけないだろ!!と間違いなく思う値段。というのも提携している建築会社側からの要請で、とにかく価格を下げたのだそうだ。地盤調査会社に調査価格を安くさせて、建築会社は地盤調査を無料と謳って、お客様に案内しているとのこと。

 

無料、タダ、Free、甘美な響きです。

 

激安調査。調査会社からすれば、調査するほど赤字がかさみます。

調査の仕方も、内容もとにかく簡素化するしかありません。

 

さらに、どこで取り返すか。

 

『地盤改良』です。

 

本来ならば、調査の時点でより丁寧な調査をすれば回避できる安全側に出るかもしれない調査結果を、厳しめで見ることで『地盤改良』が必要な方向にもっていくことで、改良工事という仕事を手する、という仕組みがあり、もちろん明らかに地盤改良率が高いそうです。

 

 

調査費と改良工事費では明らかに、後者の方が大きな費用になってしまいます。

 

地盤調査は、オーナー様が長期にわたってその住まいに安心して暮らすために行うために、基礎形状や地盤改良の有無、種類の選定をするために行うものです。調査結果は厳しすぎても、緩すぎてもダメで、客観的でなくてはいけません。

 

これから家を建てようと考える方は、人生で最も大きなお金のやり取りをすることになります。

 

「なぜ、タダでいいんだろう?」

 

冷静に考えることをお勧めします。

 

 

ちなみに、地盤にある程度詳しい建築会社か判断するには、

 

「ボーリングじゃ、だめなの?」

 

って質問に、その場で答えられるかどうかで、わかるかもしれません。

 

お試しあれ。

 

 

(回答知りたい方は、お気軽にご連絡くださいね💛)

 

 

 

hiroyuki

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする