栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< 決め手はなにか? | main | タダより高いものはナイ!?[地盤編] >>

紹介だから値引き300万円!?

  • author: oustam
  • 2018.09.06 Thursday

先日、新築のご相談を受けた際に、

 

「お宅はいくら引いてくれるの?」と真顔で聞かれました。

 

 

まだ、見積はおろか、プランの聞き取りもしておりません、今日初めて会いましたし・・・

 

よくよく聞いてみると、某大手住宅メーカーに相談しに行ったら、即日プラン持ってきて、

知人の紹介なら「300万円値引く」と話されたとのこと。

 

少々ご案内差し上げましたが、私がその方の希望している回答を出さなかったので、早々にお帰りになってしまいました。

ご足労頂いたのに、ゴメンナサイ。

 

 

さて・・・スゴイですね。「値引き300万円」。

 

オースタムにはできないことなので、本当にスゴイと思います。

一般的な家族からすれば大金です。それだけ安くしてくれれば、契約してもいいかな・・・

なんて思っちゃいますよね。

 

それでは、この「300万円」とは何なのか?冷静に考えてみましょう。

 

普通に考えると、建築会社の利益です。

安くした分、例えば配管や電線を中古品にして・・なんてコトはいまどきないでしょう。

(ないことを祈ります。)

 

一般の工務店で300万円も値引いたら、さあ大変です。

特に信用と信頼から、ご紹介でお仕事をいただいている工務店ならなおさらです。

お仕事の多くが値引き対象となってしまい、経営がなりたたなくなってしまいます。

 

つまり、このことから考えると、300万円もの値引きは元は、この2点のどちらか。

 

300万円引いても十分な利益を一般的には取っている。

 

⊂匆陲粒箙腓小さいので、コッチで値引いてもとりかえせる。

 

 

 

皆さんはどちらだと思いますか?

・・・

 

 

 

 

 

 

答えは、両方です。

 

‖膽蟒斬陬瓠璽ーの利益率は、一般的な工務店の2倍以上と言われています。

そうでなくては、高くなりますし、たくさんの展示場や営業マン、TVコマーシャルにお金がつぎ込めません。

 

⊂匆陲箸いΠ嫐でも、工務店に比べ、大手ハウスメーカーの場合は、紹介割合小さいので、

紹介とそうでない顧客を合わせた総数が更に大きい分、必然的に紹介割合は劇的に小さくなります。

 

さらに以前、知り合いの大手ハウスメーカーSの営業マンに聞いた話だと、コッチで値引いたら、アッチで取り返す。

利益はシーソーのようなモノで、傾いた分は逆側に上乗せするのだそうです。

営業マン自身でも調整している。とのこと。

ちょっと前の話ですが、今はどうなっているのやら・・・

 

 

そんな訳なんで、「300万円」も値引くことができるんですね。

 

つまり、もともと「300万円」上乗せされた金額で建てている家族もいれば、さらにそれ以上に上乗せされている家族も・・・

 

そう思うと、「値引き」があることが、「適正価格」として考えられますか?

 

建築会社までの話であればまだしも、協力業者や職人への値切り合戦がはじまったりしたら・・・

それこそ、良い建物が完成するなんて、夢のまた夢になってしまいます。

 

 

 

 

 

hiroyuki

 

 

 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする