栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< 色は住む人がもってくる。 | main | 高気密・高断熱は最近の家? >>

パッシブデザインの間違っているのによく知られる概念。

  • author: oustam
  • 2018.06.22 Friday

Passive design(パッシブデザイン)。

太陽の光や熱、風など自然を利用して、より快適に暮らすことを想定した設計手法のことを言います。

家づくりについて真剣に検討されている方は、一度は耳にしたことがあるかと思います。

さらに、パッシブデザインというと下のような図も見たことがあるのではないでしょうか。

 

 

夏至と冬至の太陽の高さの表示があって、「太陽高度の高い夏至の暑い日差しはシャットアウト。冬至のあたたかな日差しは家の中に。」的なコピーが続いていたり。

 

とってもわかりやすい表現ですね。

 

で、思い出したいのは、夏至っていつだっけ?ということ。

 

今年の夏至は6月21日。昨日でした。

 

時期的には梅雨。夏本番にこれから向かっていく季節。まだまだ日差しは強くなり、まだまだ暑くなります。

という事で、パッシブ的な夏の日差し対策は夏至で考えるのは×

一年でもっとも気温が高くなる8月の中旬くらいの太陽高度を目安に軒の出を設定しないと、ホントに暑い時期に日差しが家の中に入ってきてしまいます。夏至よりも太陽高度を低く設定しなければなりません。

 

逆に今年の冬至は12月22日。

本当に寒いのは1月下旬から2月。

軒の出の設定は夏至よりも高い太陽高度で。

 

風などに比べて太陽の動きは一定でシュミレーションもしやすい、

もっとも取り入れやすい自然エネルギーです。

より暖かく、すずしく、エコロジーに暮らすために、家づくりに取り入れることをお勧めします。

 

 

hiroyuki

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする