栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< 冷房が苦手な人向けの夏の暮らし。 | main | 電気代、昨年と比べたことはありますか? >>

夏も温度差が結露を・・・

  • author: oustam
  • 2018.05.24 Thursday

結露というと、冬のイメージがありますよね。

窓ガラスにびっしり付く水滴。ほとんどの方は嫌いですよね。

 

あの結露、実は夏場に見えないところで起こるんです。

結露は湿気をもつ空気が冷やされると発生します。

氷の入ったグラスの表面に水滴がつくのと同じですね。

 

 

夏は湿度が高くなります。この空気が冷やされたら、水滴ができます。

 

家の場合、暑い部屋と涼しい部屋があるだけで、壁の中の結露の原因になってしまうんです。

夏に、人のいるリビングだけエアコンをつけて、隣の部屋は暑いままなんてよくある状況です。

多くが断熱性の低い家。個室冷房です。するとどうでしょう。

 

室温が33℃のところ、エアコンで26度まで室温を下げたとします。

蒸し暑い日で、湿度が65%あったとすると、その時点で、隣の部屋との間に結露が生じます。

 

外壁に接する面はより、外の温度の影響を受けるため、より顕著に結露をおこしやすくなります。

家の北側の外壁に押入れの布団の層がわかるような結露をしている家を今でも見かけます。

これも断熱不足が原因です。

 

結露を起こすと、カビ、ダニ、腐朽菌が増加し、長期的な視野でみると構造材の腐食やアレルゲンの増加など、家にも住まう人にも悪影響を及ぼすことになります。

 

慶應義塾大学の伊香賀教授や東京大学名誉教授の村上教授の調べでは、100万円の住宅断熱への投資は、光熱費削減、健康維持増進の両面から考慮した場合、16年で回収できるとの研究結果も出ています。

ここにさらに、先々の住宅補修費用も考慮した場合、投資回収年数はさらに短くなると考えられます。

 

16年以上その家に住むつもりであれば、気密・断熱に初期投資しないと、損をすることになってしまうんです。

 

部屋と部屋の間に温度差をつくらないことで、住む人も、家も、省コストで健康的にいられる家づくりをしましょう。

 

 

hiroyuki

 

 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする