栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< 5月12日・13日「記憶をつなぐ家」最後の見学会開催です。[完全予約制] | main | 平成17年度 ZEH普及目標及び実績報告 >>

より風通しのイイ家をつくるために。

  • author: oustam
  • 2018.04.20 Friday

一気に初夏の陽気になった今日この頃。

温度も湿度も丁度良イイ季節なので、窓を開けて風を通すと気持ちいいですね。

 

 

今回は風通しのイイ家をつくる為のポイントをご紹介。

 

まず、基本的には卓越風という、その地域のその季節に吹く風の向きを考えて窓を配置します。

4月の宇都宮(7時から22時)ですと、日中は、

南南東側からの風が一番多く12%、次いで北北東からの風が11%というデータがあります。

(建築環境・省エネルギー機構ホームページより)

これが5月になると、南からが14%、次いで南南東が13%と時期ごとに変化していきます。

窓を開けることを想定する時期に合わせた窓配置というのが一般的に云われるセオリーです。

 

ただ、この考え方は周りに建物があると一変します。

東京大学準教授の前真之先生も著書にて書いているのですが、

「風は気まぐれ、隣に建物ひとつ建てば風向きは想定外に」なります。

ましてや、住宅地となれば密集した建物が風向きを狂わせます。

その為、全方位的に窓を配置し、室内での風の入り口、出口をしっかりつくることが大事です。

 

さらに、室内の熱を排気する事を考えると、1階の大きな窓から風をとり入れ、吹抜けなどを通して2階の窓から自然排気する方法も有効です。ご存知の通り、暖まった空気は自然と上に上がります。高い位置から排熱を計画できるとよりエコです。

もちろん、吹抜けなどの空間を作る際は、冬の暖房を考えて気密断熱への配慮を必ず検討してくださいね。

 

ということで、風通しのイイ家をつくるには、

〜簡位的な採風窓

風の入り口出口

9發気鮖箸辰深然換気

 

がポイントです。

 

ただし、風はきまぐれ。周囲の建物状況によって、風が欲しい春や秋の時期に採風が期待できない事も想定されます。

また、、真夏については、窓を開けると風と同時に暮らしを不快にする「湿気」を室内に呼び込むことになります。風を通しても不快指数が高くなる地域の方が多いです。採風しなくても快適に暮らせる住宅性能を持たせておくことは、宇都宮近郊では必須です。

採風の中心は春・秋と考えておきましょう。

 

 

hiroyuki

 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする