栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< 家事ラクな動線。 | main | 断熱性能+耐震性、間違いさがし。 >>

にゃんこと暮らす。

  • author: oustam
  • 2018.02.16 Friday

以前から、Tシャツの家オーナー様にも新築を機にワンちゃんを家族に迎え入れる方がいらっしゃいましたが、最近のオースタムは「にゃんこ」オーナー様が増えています。

 

私も、自宅を新築した時に猫を一匹家族に迎え入れ、今もぬくぬく暮らしています。

 

猫を飼いたい思いがあるなら、猫の基本的な性質を知って、新築時から計画しておくと良いでしょう。

 

写真はうちの「ししゃも」さん、4歳(♀)にモデルになってもらいます。

眠そうですがご勘弁を。

 

まず、猫の生活には必ず上下運動が必要になります。もともと木の上で生活していた動物のため、木登りが生活の一部なんです。それができないと、運動不足になりやすく肥満や、慢性の病気にかかりやすくなります。

 

平面での運動が中心のワンちゃんとは根本的にちがいます。

広さはなくても良いので、高さが必要になります。

 

また、樹上生活の結果、高いところから周囲を監視することで安心します。

 

ということで、猫の快適な生活には、キャットステップやキャットウォークは欠かせません。

 

キャットタワーを設置する方法もありますが、後からの設置だと場所をとってしまうので、先に計画することをオススメします。

 

猫を飼う前でも、キャットステップは小物を飾る棚として、キャットウォークは吹抜けの梁を利用すれば、違和感はありません。

 

さらに計画すべきは、猫がひとりになれる場所。目につきにくくて、安心して隠れられる場所です。

ワンちゃんと違い、猫はひとりの時間を大切にします。落ち着く場所を与えてあげましょう。

さらに、ご飯とトイレスペースがあれば、プランとしては十分です。

 

時々質問されるのが、床材選びですが、やはりワンちゃんと比較すると関節が柔らかいので、床材の固さやすべりやすさは、それ程気を遣わなくても大丈夫です。ただし、クッションフロア(CFシート)など柔らかすぎる素材の場合、爪を立てて破ってしまう事があるので、フワフワ系のみ×です。

 

爪とぎも造り付にしている建築画像などをよく見かけますが、あまりオススメできません。

爪とぎは好き嫌いが大きいので、造り付にしても使ってくれなかったり、消耗品なので交換に手間がかかったりしますので、市販のものを利用する方が賢明でしょう。

 

今、一緒に暮らしている猫と新築の建物に暮らす場合は、個猫差があるのでよりしっかり暮らし設計をしてあげる必要があります。

 

さらに家族として留守番してもらうために、温度差のない快適な住環境を与えてあげてください。

ペットリフォームの中心的なご相談は、「暑い」・「寒い」・「電気代がかかる」です。

 

 

 

冬でも床に寝ころべるくらい快適にしてあげましょう。

にゃんこが快適なら、一緒に暮らす飼い主も快適に暮らせます。

 

より詳細なご質問ありましたら、気軽にご相談ください。

ニャンコだけじゃなく、ワンちゃんもOKです。

 

 

hiroyuki

 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする