栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

<< 住まいとバイキンマン | main | 真剣なのはわかりますが、そのルート危険です。 >>

寒くなったら着ればいい?

  • author: oustam
  • 2017.12.01 Friday

この頃、宇都宮もめっきり寒くなりましたね。

先日訪れた札幌では、駅を出た途端に気温2度と、流石の寒さでした。

風が吹かない分、体感としては持ちこたえましたが、宇都宮はこれからが冬本番。

吹きおろしにビル風、体感は道民が「寒い」と訴えるほど。

あたたかくして体調に気を付けましょうね。

 

さて、こう寒くなってくると、家の中でも着るもので調整するか、暖房で調整するか悩む時期になってきました。

奥さんが暖房をつけ始めたので、「上着を着ればいいのに・・」と言ってやったとのご主人の話を最近聞いたのですが、

一般的に女性は体感温度が低いので、男性に比べて寒く感じやすいですし、家事で動く事を考えると、こまめに服の脱ぎ着も面倒ですから、無理せず早めの室温調整が理想ですよね。

 

保温性の高い住まいの場合、寒くなりはじめから、ゆるーく暖房をかけ始めて、室温を下げずに冬をむかえる方が、光熱費もかかりにくいですし、家族も嬉しいです。気密断熱施工がしっかりした住まいだと、天井、壁、床の温度を測ってもほとんど同じ状態が保てます。温度調節もしやすいので、足元が寒いとか、暑すぎて頭がぼーっとするなんてこともありません。

各部屋でも温度差がないと、頑張らずにサッと動けます。

 

 

 

家事ラクな間取りや動線、設備なども沢山ありますが、

まずは動きやすい温度であることが女性の家事ラクの基本ではないでしょうか。

あたたかい住まいは女性にやさしい住まいですよね。

 

 

hiroyuki

 

 

 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする