栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

 1/139PAGES >>

エコの行き過ぎに注意。

  • author: oustam
  • 2019.06.13 Thursday

 

 

以前、住宅を新築した知人から相談を受けました。

 

幸いにも彼は、デザイン・住宅性能共にご自身の価値観に合った建築会社と出会い、住宅の断熱、気密性能にも満足する家づくりをされました。

 

彼「冬寒くて・・・」

 

私「???気密・断熱こだわったはずじゃ・・・」

 

相談を受けたのは彼の家が築5年くらいだったと記憶しています。

性能的にも必要十分、全館空調の設備が入っていると聞いていたはずなのです。

 

どういった状況なのか、聞いてみると、「朝方が寒い」のだという。

 

更に詳しく聞いてみると、家を建ててくれた建築会社の方針で、

冬に暖房がつく時間が、タイマー設定で決まっているのだという。

夕ご飯過ぎには暖房がOFFになるので、朝方には18℃くらいまで室温が下がってしまうとのこと。

 

私がアドバイスしたのは、

 

「暖房機をかける時間を延ばしなさい。」

 

それだけです。

 

こうして文章でみると、「当たり前でしょ?」と感じてしまうかもしれません。

しかし、「タイマー設定すればエコなので。」と言われてしまえば、それをやめたらエコじゃなくなってしまう気がするので、カンタンに見えて変更するには勇気が必要かもしれません。建築会社からすれば、よりエコに暮らしてほしいという考えからのご案内だったのですが、それがご家族を縛ってしまったようですね。

 

その後、彼はご家族と話し合って、24時間エアコンをつけっぱなしにする暮らし方に変更しました。

エアコンで温度設定してインバーター制御。設定温度になれば、止まってくれます。

もちろん、寒かった時期よりも電気使用量は少々上がりましたが、快適に暮らしています。

 

 

弊社の見学会に来られる方の中にも、こんな質問をされる方がいらっしゃいました。

「冬はこたつだけで暖房してるんだけど、全館空調の家なんて建てたら電気代上がらない?」

 

もちろん上がります。当然です。

 

環境負荷(エコ)や電気代を中心に考えるのであれば、極端な話、暖房も冷房も使わない事が最も良いのかもしれません。

 

それらを少しでも小さくしながら住環境をよくするために、気密・断熱性能を高めるのです。

 

 

梅雨を越えると、すぐに夏がやってきます。

 

熱帯夜を感じない睡眠は体調を整えてくれます。

 

疲れをしっかり取って、翌日の仕事や家事に向き合えることは、現代の暮らしにとって、とても重要なことです。

 

家の中で熱中症なんてもってのほか。

 

余談ですが、先日お引渡しさせて頂いたオーナーのT様。

アパート暮らしのときには、お子さんが寝相悪かったり、寝言を言ったりすることが多かったのに、

Tシャツの家に引っ越した当日から、完全熟睡して早起きになったとのこと。

 

あくまでも個人の感想レベルの話ですが、睡眠環境もとっても大事。

 

エコは大事なことです。現代人として常に意識するべき事のひとつであるのは間違いありません。

 

でも、そこに引っ張られすぎて、ご家族の暮らしや健康を害してしまっては元も子もありません。

 

無理をしないエコロジーと快適のバランスが大事です。。

 

 

 

hiroyuki

○○○万円で理想の暮らしが・・・???

  • author: oustam
  • 2019.06.06 Thursday

ここ数か月で何度か目にしたキャッチコピー。

 

「●●●万円で理想の暮らしが!!」

 

広告は、新築のものだったり、リノベーション物件だったり、建築会社も違います。

 

ふと、思ったのは、「理想の暮らしとは何だろう?」という事。

 

 

ホームシアターがある暮らし?

ビルトインガレージのある暮らし?

友達をよんでホームパーティーができる暮らし?

 

はたまた、

 

防犯性の高く安心な暮らし?

光熱費が安い暮らし?

あたたかい・すずしい暮らし?

 

それとも、

 

自然を感じる暮らし?

手仕事で手間を惜しまない暮らし?

逆に、手間の掛からない暮らし?

 

「理想の暮らし」は家族の数だけあります。

家をつくる側からはカンタンには言えません。

 

 

では、家というものの、元々の性質を考えてみても、根本を突き詰めれば、人類が洞窟に暮らしているときから変わっていないのではないでしょうか。

 

「風雨から身を守り」、「暑さ寒さから身を守り」、「家族の暮らしの中心」となる場所ではないでしょうか。

 

現在の家においても、屋根や壁はあるので「風雨から身を守る」ことはできています。

「家族の暮らしの中心」であることも変わりありません。

 

ただ、「暑さ寒さから身を守れ」ているでしょうか。

 

過去にはないほどの猛暑の中、家の中で熱中症になったり、逆に布団の中で凍死してしまうような暮らしが、身近にあふれています。

 

昔は真夏でも、夜になったら窓を開けて換気すれば、涼しい夜風が入ってきました。

 

現代はどうでしょう。熱帯夜に窓を開けても熱風しか入ってきません。

 

今年も、5月だというのに猛暑のような日が続いています。

 

住む人が「涼しい・暖かい」と、はっきり言える家がどれだけあるでしょうか。

 

「すべてコミコミ●●●●万円!」と謳う住宅に何が入っていないか。

 

家の本来必要としている「暑さ寒さから身を守る」性能が欠けていることがほとんどです。

 

ホームシアターにしても、ガレージにしても、手間がかかる、かからないにしても、「身を守れて」その後の話ではないでしょうか。

 

 

ブログでも何度も書いていますが、「この家は暖かいですよ。」と言われて、多くの方が想像するのは、「どの部屋に行っても温度が変わらず、寒いと感じない」暮らしです。

つまり「暖かい家が欲しい。」と仰るご家族が本来想像しているのは、高気密高断熱住宅の中でも、全館空調と同義です。

 

にもかかわらず、多くの建築会社では「うちの建物は暖かいですよ。」と言いながらも、暖房のない部屋やトイレ、お風呂、ウォークインクローゼットが寒かったり、室温の想定が20℃以下だったり、現実に温度差がある暮らし。

 

「理想の暮らし」とは・・・

 

その建築会社の経営者さんの理想の暮らしが、そこに見えるという事ですよね。

 

まあ、このキャッチコピーを使っている建築会社の多くがローコストや分譲など、

表示価格優先の建築会社さんが多いというのは・・・

 

そういう事なんでしょう。

 

 

 

hiroyuki

 

 

 

 

紙棚がある暮らし。

  • author: oustam
  • 2019.05.30 Thursday

 

打合せ中にマンガ???

 

いえいえ、読んでる訳ではありません。

 

本好きの方にも、好きなジャンルがいろいろあります。

 

マンガ、小説、画集、雑誌、ムックなどなど。

 

例えば、マンガでも、ジャンプコミックなどを代表する、通称少年コミックサイズ、写真のバガボンドのような青年コミックサイズ、更に写真の攻殻機動隊のような完全版サイズ、他にも文庫サイズなど多様なサイズ展開をしています。

 

近年、大工さんが作る本棚のご要望が多くなっていますが、その打合せでは、どんなジャンルの、どんなサイズの本が、何十冊〜何百冊あるか。そして作りたいスペースに何段棚がつくれるか。という事を話しあいます。

 

もちろん、有り余るほどの超大容量の本棚を作れればいいのですが、本棚も多様なご要望の中のひとつ、そこばかりに予算を充てる訳にはいきませんので、必要十分なサイズを割り出していくのです。

 

ちょっと余裕がある本棚はとってもイイです。

 

デジタルブックが普及してきて、kindleなどで読まれている方も多いので、本棚なんてスペースの無駄と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、先日ラジオで、スーベニアフロムトーキョーなどを手掛けるブックディレクターの幅 允孝(はば よしたか)さんが、

「デジタルで購入すると一回読んで意外とそのあと振り返らない。もう一回読むと思ったら、紙で購入する。本棚に置いておけるから、安心してその本の存在を忘れられる。そんなに読み返さなくても本棚の横を通った時に、『あぁ、あるな』と思ったりする。そんな半分忘れながらも安心するスペースだから、神棚ならぬ『紙棚』なんです。」

 

と話していて、なんだかとても共感してしまいました。

 

コレクションとまではいかないけれど、その存在がちょっとだけ、生活の中で気分がアガるスペース。

人によっては、本かもしれないし、CDや、レコード、DVD、トイ、かもしれません。

 

そんな力ある品々を、ふと横目で見て生活に安心をえる棚。

 

加魅棚』(かみだな)。

 

あまりうまくないですね( *´艸`)

 

是非暮らしの中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

P.S.

ちなみに、私の自宅の「加魅棚」はこんなカンジです。

 

 

 

 

hiroyuki

わたしの自宅、見学会。6/22(土)[事前予約制]

  • author: oustam
  • 2019.05.20 Monday

完成見学会もいいけれど、実際にその家族が住んでいる家を見るのはとっても参考になりますよね。

 

今回は恒例の「わたしの自宅」見学会です。

 

日本の四季は過酷です。

 

家を見学するには、寒い時期、暑い時期だけでなく、

 

『梅雨の時期』もポイントのひとつ。

 

この時期の対策をしていなくては、高性能な家とは言えません。

 

さて、どんな暮らしができるのか、住んでいる家を見てみましょう。

 

 

オースタム代表の鈴木博之と、設計担当の鈴木沙織と、3歳のこどもと、猫が一匹が暮らしています。

 

夏はエアコン1台で全室ひんやり。(今年も熱帯夜ゼロ。)

 

冬はベースエアコンと床下エアコンの併用で、Tシャツ暮らし。

 

5年前に建てたので、最新版のTシャツの家程の性能ではないけれど、超快適&家事ラク生活。

 

そんな暮らしを公開です。

 

再見学の方も歓迎いたします。ご家族でお越しください。

 

 

★☆★『わたしの自宅、見学会』(予約制)★☆★

 

日にち 2019年 6月 22日(土) 

 

時 間 10:00〜 

    13:00〜 ご予約済

    15:00〜 

 

場 所 栃木県河内郡上三川町 

※ご予約頂いた方のみ詳細をご案内いたします。

 

飼い猫がいますが、臆病すぎるため顔をだしません。猫が苦手でも大丈夫です。

深刻なペットアレルギーをお持ちの方の見学はお控えください。

 

 

ご予約希望の方は

お電話:028-672-3734若しくは、問い合わせフォーム(下記URL)よりご連絡ください。

http://www.oustam.com/mail.html

 

本見学会は完全予約制です。

定員に達する場合がござますので、お早めにご連絡ください。

 

hiroyuki

無垢の床材は、暖かくて健康的???

  • author: oustam
  • 2019.05.16 Thursday

世の中、空前の無垢床ブーム!!

 

って言うほど、使ってらっしゃる建築会社は多くないけど、

一時に比べて、床材を無垢にする工務店さんは多くなったように思います。

 

パイン、杉、ナラ、ブラックウォルナット、桜、栗、メープルなどなど、様々な樹種が使われていますが、

どれを使っても、素足で踏むと、とっても気持ちがいいです。

 

特にお風呂上がりの素足は気持ちいいですよね。

 

新建材のフローリングやクッションフロアと違い、足の裏の湿気をスッと吸い取ってくれるような感覚。

 

人が家の中にいて、必ず家に触れている場所は足の裏。

 

足の裏が触れている「床」の素材を触り心地の良いもの、快適な素材にすることには大きな価値があります。

 

もちろんオースタムも例にもれず、基本のご提案は無垢材にしています。

 

 

さて、そんな中よく聞く話として、

 

「無垢の床材は、冬、暖かい」という話。

 

これは本当でしょうか?

 

私が単純に上の質問をされたら、回答は、

 

NO!」と答えます。

 

なぜなら、床が暖かく感じられるのは、気密・断熱性能や、暖房性能によるものです。

 

例えば、室温10℃の部屋の床が無垢材だからというだけで「暖かい」と感じる方はいません。

 

もし床の暖かさを求めるならば、「冬の床面の温度は何℃くらいですか?」と聞いてみるといいでしょう。

 

多くの方は、床面の温度が23℃以上あれば、「暖かい」と感じるはずです。

 

ウチの奥さんは、床面が24℃超えると、冬でも靴下を脱ぐ傾向があります。

 

 

ではなぜ、「無垢の床材は暖かい」と言われるのでしょうか。

 

これは、「無垢の床材」と「新建材のフローリング」の比較の話です。

 

例えば、下の写真のように「無垢の床材」と「新建材のフローリング」を並べ、

放射温度計で表面温度で測定し同じ表面温度であることを確認します。

 

 

左:新建材フローリング

右:パイン無垢床材

 

 

 

それから、両方に足をのせてみる。

 

 

表面温度は同じなのに、体感温度は1℃〜2℃違います。

これは、寒い時期であればあるほど、違いを顕著に体感できます。

 

表面の塗装の厚みが大きく違うとか、含んでいる空気の量が違うとか、足の裏の湿気が・・・とか原因はいろいろ言われていますが、ビックリするほど違います。

(無垢材の床でも、表面塗装を厚く塗ったりすると、新建材と体感温度がほとんど変わらなくなることも有ります。)

 

だから、「無垢の床材は、冬、暖かい」んです。

 

この効果で、床面が22℃の状態を、24℃の体感に押し上げることで、より暖かくすることもできます。

 

ただし、先ほど申し上げた通り、床面の温度が10℃だったら、体感12℃になっても・・・

 

せっかく無垢の床材にしても、靴下2重履きですねぇ。まぁ、夏は快適かもしれません。

 

つまり、無垢の床材の価値を、四季を通して堪能するには、

 

建物の気密・断熱性能や暖房性能がなければ不可能なんです。

 

 

更に、「無垢の床材で自然素材だから健康的」と表現している建築会社もありますが、これも温度と同じです。

 

床が自然素材であっても、気密・断熱不足で温度差があったり、換気が不十分な家で

結露、カビ、ハウスダストが発生しまくっていたら、健康とは程遠い暮らしになってしまいます。

 

先日のシックハウスのブログでも書いたので省略です。

 

 

「無垢だから暖かい」のではなく、「無垢を生かせる暖かさ」が大事なんです。

 

ちょっとした言葉の違いなんですけど、この表現の違いは、建築会社の考え方を表すとも言っていいでしょう。

 

「無垢の床材なので、暖かいですよ。」という建築会社にご注意を。

 

 

 

hiroyuki