夢にまで見た着工研修会だっ!!

 

 

どの建築会社で、家づくりを進めるか。

 

デザイン、性能、人柄、社風、価格、知名度 ...

 

たくさんの選択肢があり、デザインだけじゃダメ、性能だけでも、予算だってあるし、安心して建てられなくちゃ...

 

もちろん、どれかひとつのポイント、という訳ではなく、各要素のバランスから、自分たち家族に最も価値観が近い建築会社を選び出のです。

 

今回、自宅の建築を決めたDさんも、同じように価値観の近い建築会社を選び出しました。

 

ただ、決め手となったのは、「着工研修会」でした。

 

 

着工研修会とは、カンタンに言ってしまえば、お施主様と建築会社スタッフ及び主要な協力業社の顔合わせ会です。

 

その工務店は、建築するすべての住宅について、着工前に顔合わせ会を行っていました。

 

事前に施主と、協力業者が顔を合わせることで、信頼関係が築けます。

 

また、施主が現場に行きやすくなると思いませんか?

 

現場で働く職人さん達。いかついイメージが多くあるかもしれません。

 

事前に少しでもその職人さんを知っていたら、話しやすいですよね。

 

建築会社の中には、「営業が一緒じゃないと現場を見せない」ところもあるようです。

 

もちろんそれは、事故防止や職人の手を止めさせない為もあるかもしれません。

 

とは言え、一生に一軒のマイホーム。自分の家がどんなふうに作られていくのか、リアルタイムで見てみたいものです。

 

さらに、建ててくれている職人さんと仲良くなるのはとっても素敵なこと。

 

どの施主の家だってしっかり施工するけれど、職人さんだって人だもの。

 

仲が良くなった施主さんのためには、特に頑張っちゃうに決まってます。

 

だから、施主にはたくさん現場に足を運んでほしいのです。(休憩時間推奨ですよ。)

 

 

それでも、いきなり現場で話しかけるのは、ちょっと抵抗あるかもなので、顔合わせをしておくんです。

 

真面目な人なんだな。オモシロイ人だ。見た目より柔らかい印象の人だな。

 

そんな風に人柄がわかる、顔合わせ会「着工研修会」を行っている。

 

もちろん、こんなこと、月に何十棟も家を建てている建築会社にはできません。

 

そんな事をしたら、その建築会社は毎日が顔合わせ会。工事が進みませんよね。

 

だから、年間でも建築棟数が少ない、一棟一棟お客様と向き合う事ができる建築会社がいい。

 

Dさんが、最終的に「着工研修会」で、その建築会社を選んだ決め手でした。

 

 

そんなDさんに、着工研修会の日程をご相談した時のひとことが、

 

「夢にまで見た着工研修会だっ!!」

 

 

 

 

さて、「着工研修会」を全棟行っている建築会社、どの工務店の事かは、ご想像にお任せしますね💗

 

 

 

 

hiroyuki

 

 

残業の多いパパにやさしい家づくり

 

 

仕事を終えて帰ったら、もう奥さんも子供も就寝している時間。

 

働き方改革が公的に進められていますが、まだまだ社会のすべてが適合している訳ではありません。

 

かく言う私も週の半分は、そんな感じ。

 

 

多くの家は、遅く帰ってくると、照明も消えています。

 

玄関のカギを開けて、冷え切った室内に静かに入って、コソコソと暖房をつけて、暖まるのをジッと待つ。

 

若しくは、寒いのを我慢して、サッとお風呂に直行。ポカポカになってお風呂から出て、寒い部屋に戻る。

 

そんな冬が毎年やってくるんです。

 

悲しいですね。

 

家族のために、身を粉にして働いているお父さん達、「本当に、ご苦労様です。」

 

 

さて、私はと言うと、玄関ドアを開けたら、すでに、あったかい。

 

真夜中に帰っても、寒い思いなんてしません。

 

家に入ったら、すぐにリラックスウェア(私の場合Tシャツ、短パン)になれます。

 

なにせ全館空調ですから。

 

 

いまだに、全館空調って贅沢と仰る方がいらっしゃいます。

 

本当に、皆さん我慢強いですね。

 

でも、毎日お疲れの身体を癒すためにも、ご自身を労うためにも、暖かい家に帰りたくないですか?

 

ふと、夜に一人でも、「この家建ててよかったなぁ・・・」って呟きたくないですか?

 

自分で建てておいてなんですが、私自身、夜中に何度思ったことか。

 

 

家族のための家づくり。

 

もちろんです。

 

でも、忙しいご自身のためでもあってもいいんですよ。

 

 

冬の夜に帰宅しても、ビールが美味しい暮らしで良いんです。

 

リビングで寝ちゃっても風邪をひかない暮らしで良いんです。

 

暖房の消し忘れで怒られない暮らしで良いんです。

 

 

 

ただし、暖かいと、夜更かしが進んでしまうというデメリットがあります。

 

趣味の夜長で体調を崩さぬよう、自己管理が求められますのでご注意を( ´艸`)

 

 

 

 

hiroyuki

[断熱体感見学会] 2月22日(土)23日(日)(予約制) 「建ててる途中なのにTシャツの家?」構造体感見学会。

 

 

 

まだ小さなお子さんにやさしい暮らし。

 

家事をするママにやさしい暮らし。

 

働くパパにやさしい暮らし。

 

同居するネコさんにやさしい暮らし。

 

「この家でよかった・・・」と、暮らしの合間に ふと思えるのは、空気がちがうから。

 

 

まだ、壁も天井もできていない見学会です。

 

構造を『見る』必要はありません。

 

一年で一番寒い2月の工事中の家。

 

『体感』しに来てください。

 

エアコン1台だけ稼働して、お待ちしております。

 

 

☆★☆Tシャツの家 断熱体感見学会 (事前予約制) ☆★☆
 

日にち:2020年 2月 22日(土)23日(日)
 

時間:10:00 ~ 17:00


 ※本見学会は、事前予約制です。
 ※ご予約なくお越しいただいた場合、ご見学頂けない場合がございます。
 

 ご予約はコチラから

 

 ご予約の際は、お名前、お電話番号、ご来場希望日時、ご来場人数をお伝えください。

 

場所:栃木県河内郡上三川町しらさぎ

    Googl mapはコチラから

 

秘密の加湿器💗

 

 

 

自宅のお風呂も乾燥しやすい時期になりましたね。

 

ちなみに、ユニットバスの排水溝をヌメらせない方法ご存知ですか?

 

方法はカンタン。

 

お風呂に入った後、外ふたを外しておくんです。

 

 

 

そうすれば、キャッチャーが乾きやすいので、朝には乾いてゴミも取りやすくなっています。

 

後はティッシュでサッと髪の毛を取ってゴミ箱へ。

 

ラクチンです。

 

 

湿度管理している我が家では、夏も同様、朝には乾いて、らくちんポイ。

 

 

さて、皆さんのご自宅の相対湿度は何パーセントでしょうか?

 

ファンヒーターを使っている家だと、排気ガスに水蒸気が多分に含まれていますので、暖房している部屋の湿度だけは、とっても高いかも。

 

私の家はというと、全室45%くらいでしょうか。

 

相対湿度40%というと、まあそこそこと言われてしまうかもしれませんが、室温が24℃の高気密・高断熱、エアコン暖房と言うと、その道のプロにはかなり驚かれる結果でしょう。

 

空気中の水分量でいうと、室温18℃の家の相対湿度65%と同等なんです。

 

でも、加湿器は使ってません。

 

何で加湿をしているかと言うと、

 

ひとつは、部屋干しです。

 

高気密・高断熱住宅での部屋干しは、加湿するのに大いにプラス。多くの建築会社が使っている方法です。

 

でも、これだけでは、意外と湿度が上がりきらない現実があるため、いまだに『高気密・高断熱の家は乾燥する』と言われているんです。

 

なので、私の家ではもう一つ、大きな加湿装置を利用します。

 

誰の家にもそれはあります。なんだと思いますか?

 

 

 

それは、

 

 

お風呂です。

 

お風呂に入った後、浴室の湿気、どうしますか?

 

一般的には、換気して外に捨てちゃいますよね。

 

それが家の中に回せたら、とっても大きな加湿器になります。

 

だから私の家では、冬、ユニットバスの換気扇を回しません。

 

家の中に湿気を送ってあげるんです。

 

 

もちろん、それを可能にするためには、家中の空気が循環するルートづくり。

 

そして、湿気が出過ぎたときにもバランスをとれる調湿性能。

 

どちらも、実はファース工法が得意とするポイントです。

 

それに加えて、最も重要なのは、このふたつを十分に発揮できるだけの空気循環を念頭に置いた設計ができるかどうか。

 

 

それが出来ちゃうと、わざわざ家電としての加湿器を買う必要なんてありません。

 

加湿器って、メチャメチャこまめにお掃除しないと、カビの温床となって、カビ菌放出装置になります。

 

また、小さな加湿器では、高気密住宅の全体を加湿するには、一日に何度もタンクに水を入れ替える手間が起こるし、局所的にのみ湿度が上がって、結露の原因になったりもします。

 

根本的な解決法は、機器などの後付けのものに頼るのではなく、調湿方法を建物の設計そのもので考えておくこと。

 

それが出来たら、湿度についても、なーんも考えなくても、一年中具合がいい家になります。

 

あつい、寒い、乾燥する、ジメジメする、それをまったく考えなくてもいい暮らし。

 

そんな状態を『快適』って言うですよね。

 

全館空調、全館調湿なくして、果たして『快適』という言葉を使っていいものか?

 

家づくりを考えている皆さんは、どう思いますか?

 

 

 

 

hiroyuki

 

 

[完成見学会]2月8日(土)9日(日)『つながりの家 G2』 開催。※受付を終了しました。

ご見学の枠がすべて埋まったため、ご予約を締め切られて頂きました。

 

 

つながる部屋。

 

つながる暮らし。

 

 

ガレージから玄関へ。

 

玄関からリビングへ。

 

リビングからクローク、キッチンetc.etc.

 

家という空間の中で、ドアでを隔てないパブリックな空間。

 

全館空調だからできる、極めてオープンな暮らし方。

 

 

扉を閉めない間取りは、暮らしの中のちいさなストレスを減らしてくれます。

 

扉の開け閉め、暑さ、寒さ、湿度、ニオイ、気にしなくていいことが増えることは、

 

お子さんにも、ご夫婦にも、寛容な暮らし方の第一歩。

 

 

暮らしに明確なイメージを持つオーナー様と、オースタムの建築士夫婦が一緒に考えてつくる住まい。

 

一年で、最も寒い時期に、アナタの知らない本当に暖かい暮らし方、のぞいてみませんか?

 

 

 

#Tシャツの家 #高気密高断熱 #全館空調 #床下エアコン #ZEH+ #HEAT20G2グレード

 

 

 

☆★☆『つながりの家』 断熱体感見学会 (事前予約制) ☆★☆
 

日にち:2020年 2月 8日(土)・9日(日)
 

時間:

  8日(土) 10:00 13:00 15:00  (予約済み)

  9日(日) 10:00 13:00 15:00 (予約済み)


 ※本見学会は、事前予約制です。
 ※ご予約なくお越しいただいた場合、ご見学頂けない場合がございます。
 

 WEBでのご予約はコチラから

 

 その他、お電話、LINE、メッセンジャーでのご予約も可能です。

 

 ご予約の際は、お名前、お電話番号、ご来場希望日時、ご来場人数をお伝えください。

 

場所:栃木県下野市田中

    Googl mapはコチラから

 

 

 

 

hiroyuki