栃木県宇都宮市の株式会社オースタム

「Tシャツの家」のつくり手、株式会社オースタムの公式ブログです。

 1/133PAGES >>

工務店との家づくりが合わない人もいる。

  • author: oustam
  • 2018.12.06 Thursday

工務店がブログなんぞを書いていると、つい工務店の家づくりが誰にとっても最良のような文章を書いてしまうのですが、

実際には工務店と一緒に家づくりする事が『合う人』、『合わない人』がいます。
 

 


 

 

 

工務店、特に小規模な工務店との家づくりは、意外と大変です。

 

 

 

まずは、『時間がかかります』。
 

 

選べるものも多く、時にはお客様が見つけてきた写真から、それに近い材料を探しだす、なんてことも。
自由に決められる分、考えたり、迷ったり、変えてみたけれど、また元にもどったり、家族の暮らしを描きながら悩むことができます。また、それにちゃんと付き合ってくれるところが多いので、納得がいくまで時間をかけられるんです。

 
『キャラクターが濃い』です。
 
小規模な工務店の経営者さんは、良し悪しにかかわらず、キャラクターが濃いことが多いです。
口下手な方もいますし、一国な方もいます。話をしていてフィーリングが合う、合わないがはっきりするかもしれません。
特に事前に大手ハウスメーカーの営業さんと話をしていると、そのシュッとしたイメージ、そつのない対応とのギャップは大きいです。
しかし、キャラが濃い分、住まい手への思いも濃いので、永いお付き合いをしていくのに安心です。

 
『得意分野の見極め』が必要です。
 
小規模な工務店の場合、得意分野がはっきりしている事が多いです。
とにかく沢山、数をつくる建築会社ではないので、一棟一棟に対しての思い入れが強いです。前述したようにキャラの強い経営者が造るので、こだわりもあります。そのため、どこでも建てられる中庸な家というものではなく、こんな暮らしをしてほしいという一貫したメッセージが込められています。「工務店のこだわり」と「あなたのこだわり」がうまくマッチングしていないと、打合せもうまく進みませんし、徒労に終わることもあるかもしれません。
逆に、ピッタリはまると、非常に楽しい打合せ、そして新しい暮らしは素晴らしいものになる事でしょう。

 

ということで、『打合せが面倒』で、『あと腐れない関係』が理想で、『家にこだわりがない』という方は、小規模な工務店との家づくりは、非常に面倒で苦痛になります。逆に、分譲住宅やハウスメーカーなどは売買だけ、打合せの回数が決まっていたり、決まっているモノから選ぶだけだったりと、打合せもとてもスムーズ。カンタンで楽ちんな家づくりができます。
 

 

『じっくり』、『末長いお付き合い』を見据えた、『こだわり』の家づくりを考えているご家族だけが、工務店とヒザを突き合わせて、じっくり悩む大変さを知ることができるんです。
 

 

どちらを求めるかは、価値観ですが、これから一生暮らす住まいと考えたら・・・




hiroyuki

 

宅配ボックス問題が解消しました【okippa】

  • author: oustam
  • 2018.11.29 Thursday

皆さん、インターネットショッピングしてますか?

 

アマゾン、楽天、zozoなど、ネットで商品を購入することが当たり前になりました。

 

ネットで購入すれば、重いペットボトルもケースで玄関まで運んできてくれる時代です。

 

しかし、それと同時に再配達問題が社会問題になっています。

 

そんな中、救世主として注目されたのが【宅配ボックス】です。

特に、パナソニックの【コンボ】シリーズが早くからバカ売れしました。

 

写真はパナソニック ホームページから

 

堅牢なボディ、サイズバリエーション、電気不要で押印もロックもワンタッチ。革命的でした。

上記サイズだと、商品定価10万円近くするにも関わらす生産が追い付かず、納品までに数か月待ちの時期もあったほどです。

 

今や、多くの他のメーカ―も廉価版の製品をリリースしている状態です。

 

写真はナスタ ホームページから

 

私もネットでの買い物は、日頃より沢山行っており、受け取りの難しさから【宅配ボックス】の検討をしていたのですが、3つの理由から考えあぐねていました。

 

.好據璽

日頃、500mlの炭酸水をケースで購入するのですが、それが入る【宅配ボックス】が玄関に常設されるとスペースを取られる。

というか、邪魔・・・

 

印鑑問題

宅配便は、受け取りにサイン若しくは印鑑が必要です。廉価版や自作の【宅配ボックス】の場合、ボックス内にシャチハタを入れておいて、宅配業者に押してもらうようにするのですが、これ『アウト』なんです。

本来、サインや押印する事で、受け取りの確認をしているので、宅配業者が押してしまうと確認にならないのでトラブルの元となります。公式見解では『アウト』なんだそうです。

 

2然

押印してくれる廉価版も出てきましたが、施工まで含めると数万円は下らない・・・

 

 

ということで、探しに探して購入したのがコレ。

 

写真はokippa ホームページから

 

【okippa】という宅配ケースです。ボックスではなく、袋であることで、場所を取らず、安価。

以下、実際に自宅に設置した写真です。

 

玄関手すりにワイヤー(同梱)で設置してあります。

 

スナップボタンとマジックテープを外すと広がります。

 

広げるとバッグ状になります。

 

南京錠も同梱されています。

 

で、先ほどの印鑑問題ですが、この【okippa】、ヤマト運輸、日本郵便、佐川急便、Amazon、楽天と提携しているので、押印不要というナイスな試み。

 

さらに、専用アプリまで開発していて、依頼してある荷物の配送状況までわかってしまうという優れもの。

写真はokippa ホームページから

 

価格も3,650円+税と手頃です。 ← これが私の決め手!!

アマゾンや楽天で 「okippa」で検索すれば購入できます。

 

 

これ、お勧めです。

 

 

hiroyuki

 

わたしの自宅、見学会 12/16(日)[予約制]

  • author: oustam
  • 2018.11.22 Thursday

完成見学会もいいけれど、実際にその家族が住んでいる家を見るのはとっても参考になりますよね。

 

今回は恒例の「わたしの自宅」見学会です。

 

寒くなってきたこの頃、本当に暖かい家って、どんな暮らしか体感してみませんか?

 

 

オースタム代表の鈴木博之と、設計担当の鈴木沙織と、2歳のこどもと、猫が一匹が暮らしています。

 

夏はエアコン1台で全室ひんやり。(今年も熱帯夜ゼロ。)

 

冬はベースエアコンと床下エアコンの併用で、Tシャツ暮らし。

 

5年前に建てたので、最新版のTシャツの家程の性能ではないけれど、超快適&家事ラク生活。

 

そんな暮らしを公開です。

 

再見学の方も歓迎いたします。ご家族でお越しください。

 

 

★☆★『わたしの自宅、見学会』(予約制)★☆★

 

日にち 平成30年 12月 16日(日) 

 

時 間 10:00〜 

    13:00〜 

    15:00〜 

 

場 所 栃木県河内郡上三川町 

※ご予約頂いた方のみ詳細をご案内いたします。

 

飼い猫がいますが、臆病すぎるため顔をだしません。猫が苦手でも大丈夫です。

深刻なペットアレルギーをお持ちの方の見学はお控えください。

 

 

ご予約希望の方は

お電話:028-672-3734若しくは、問い合わせフォーム(下記URL)よりご連絡ください。

http://www.oustam.com/mail.html

 

本見学会は完全予約制です。

定員に達する場合がござますので、お早めにご連絡ください。

 

hiroyuki

家具選びって、とっても大事。

  • author: oustam
  • 2018.11.15 Thursday

家づくりをするときに、タンスやキャビネットなど収納系家具の持ち込みは激減し、プラン計画の中で作り付けのクローゼットやクロークを図面に落とし込む事は今では当たり前になりました。これは相次ぐ大きな地震がおこるなか、タンスなどの置き家具を減らし、クローゼットを作り付けにして命を守ろうという意識から徐々に一般化してきたものです。
 

 

では、収納以外の家具はいつ選びますか?

収納以外の家具というと、ダイニングテーブルやチェア、ソファなど。

 


実は、多くの建築会社では、家具は後回しになることがとても多いです。

というのも、住宅のプランに関係ないと思われているから。

テーブルやイスの大きささえ図面にプロットされていれば、施主が引き渡し後に買えばいいと考えているケースがほとんどです。

 


しかし、この家具選び、家づくりの初期の段階で行うことが理想です。

 

家族の暮らし暮らしの中心となるリビング。

多くの方が新築を期にテーブルやチェアの購入を考えます。今使っているものをすべて持ち込むならば大きさの感覚もわかるかもしれませんが、新たな暮らしにあたって大きさを変えたりするのであれば、その大きさを事前に把握しておく必要があります。

後になって、やっぱりこの大きさにしたいとなったときに、そのスペースがとれていなかったら…
 

 

更に、家具というのは、家の中のイメージを大きく左右させます。

LDKを見回したときに目に入る面積がとても大きいですし、一度配置したら長期にわたってその場所に居続けます。

そのデザイン、色と建築物そのもののインテリアを併せて計画しておいた方がバランスがキレイになりますし、

家具がインテリアの選択を変えることもあります。
 

 
だからこそ、遅くともインテリア打合せ前には家具屋さんに足を運んだ方が良いです。
もちろん家具屋さんは、事前に建築会社に相談してしてみましょう。
その建築会社が、これから施主となる方に勧めたいイメージを含め、より素敵で快適な空間になるための方向性を提示してくれるはずです。
「お好きなところをみてきてください。」とか「ニ〇リを見てきたら。」と言われたとしたら・・・
提案者がイメージのゴールが見えていないか、引き渡したら自分と関係ないと考えているか。
 
オースタムの場合、設計者と一緒に家具を見に行きます。
そこで買ってもいいし、買わなくてもいい。(買ってもオースタムには一銭のも入りませんし。)
ただ、そこで、どんな家具を気に入り、どんなものに興味を持つか知っておくことで、よりお客様の好きなテイストを知ることができるんです。それまでの打合せの中で好みによっても、お連れする家具屋さんは変えますしね。
 

 
中には、大工さんが造るイスや作り付けのソファなど、建築と一体化した家具を希望される方もいらっしゃいますが、
是非一度、よい家具は体感しておいた方がいいと私は思います。
 
特にソファやチェアといった、身体をあずけるものについては、座った瞬間に「ピンとくる」というものがあります。
座面の形状、背もたれの角度、ひじ掛けの長さ、クッションの固さ。もちろん美しさも。
量産品ではなく、美観と快適性を両立した永く愛せる一品。
こだわりの工務店がつくる暮らしとリンクするような価値観がそこにあります。
 
建築会社を選ぶときに「家具はどうしたらいい?」と担当者に聞いて対応を見てみるのも面白いかも。


 

 

 

hiroyuki

『かわち ふるさとまつり 2018』でワークショップします!

  • author: oustam
  • 2018.11.15 Thursday

『かわち ふるさとまつり 2018』への出店が決定いたしました。

 

今回は、お子さんたちに『木』にふれてもらうワークショップを開催いたします。

 

木を切って、色を塗って、ステキなお家を一緒に作りませんか?

 

もちろん、パパ、ママも一緒にご参加いただけます。

 

お近くの方は、是非お立ち寄りください。

 

 

 

かわち ふるさとまつり 2018

 

日時: 2018年 11月 18日 (日)

時間: 9:00 〜 15:00

 

場所: 河内地区市民センター周辺(宇都宮市中岡本町3221-4)

    Bエリア(センター北側駐車場)イベント広場

    オースタムのブースにて

 

内容: 木工ワークショップ 「おうちをつくろう」

 

※材料がなくなり次第終了させていただきます。